kotetsuinu の投稿一覧

  • 39
  • 17
  1. 新世紀エヴァンゲリオン~魂の軌跡~kotetsuinu

    初の5号機となった「1作目エヴァ」、5号機ノーマルタイプエヴァの原点となった「2作目エヴァまご」、ノーマルタイプエヴァの完成形で小役カウント文化を創り出した「3作目エヴァ約束の時」、そして4作目が本機「魂の軌跡」で、マリが初登場。
    新劇場版:破の公開が2009年だったので、そのブームに乗って3作目を更に正当進化!というメーカーの気合が伝わる台でした。

    相変わらず小役カウントも全盛の頃でしたが、それよりも「BAR揃い時のムービー」。
    小役数えてなくてもこれを見るだけでほぼほぼ判別可能。

    そしてもう現役での稼動をほとんど見かけなくなった数年後に衝撃の事実が発覚。
    「設定6のみREG中の小役入賞時にバックライトが光らない」
    こんなの明らかに開発の仕込み。
    一部の人だけに優位な攻略性があったことで、★1。

    当時気づけなかった自分が悔しい。

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:3
    デザイン:4
    攻略性:1
    難易度:2
  2. シュート!kotetsuinu

    ある意味伝説のサッカー漫画が題材、でも人気が全くなかった本機。

    打たなくても醸し出てるクソ台臭。
    実際に打ってみると、基本的にドリブルしている下半身が延々と流れる液晶でクソ台さを再認識。
    見た目を裏切らないRTのゲーム性。RT+0.1枚を純増と表記するのはいかがなものかw

    でも青ナビ放出の天井がかなり狙えた。
    当選すると1000G以上は続くのでボーナス引いて500枚~調子がいいと1000枚くらいは浮く。ただそれ以上は神級のヒキがないと無理。

    5号機No1の評判も高い愛すべきクソ台。

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:1
    デザイン:1
    攻略性:5
    難易度:5
  3. ジャンジャンカーニバルkotetsuinu

    パチスロとオーケストラという相反する可能性しか考えられないモチーフを、よく分からないリアルな豚の擬人化キャラで再現した一台。

    いちおう、豚はトンちゃんというシリーズではお馴染みのキャラクターで、ジャンジャンシリーズ第三段。

    パチスロクイズ世界大会があったら間違いなく「豚のキャラクター、トンちゃんが活躍するジャンジャンシリーズ3作の名称を答えろ」という出題があるはず。

    演出は豚のオーケストラモード以外にも、ハイビスカスモードと7セグモードが選択可能。
    ゲーム性はリプ4連でボーナス確定。

    ふざけている見た目のわりには、「リプ4連でボーナス確定=ガセのリプ4連は無い」をRTを駆使して上手く考えたゲーム性なので★4。

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:3
    デザイン:4
    攻略性:2
    難易度:2
  4. ジャンキージャグラーkotetsuinu

    オカルトは、あると思いまぁす!

    5号機ジャグラーシリーズの原点であるアイジャグが登場して、その次にラブリージャグラーというやや特殊で個性的なジャグラーが登場して、その次にやっぱりアイム路線に戻そうという感じで出たBIG偏向型の一台。

    個人的には歴代のジャグラーシリーズで1・2を争う荒波仕様な気がします。

    ジャンキーファンキーときたら次は◯◯ンキーだろう。。。3分くらい考えたけど自分の語彙力では思い浮かばなかったw

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:3
    デザイン:3
    攻略性:3
    難易度:3
  5. ジャックと豆の木kotetsuinu

    まだホールに4号機と5号機が混在していた頃の問題作。(新規則機なのにとんがったゲーム性でそこそこの破壊力という意味合いで、なんとなく位置づけ的に今のリゼロに近い感じもする。)
    ボーナス成立まで続く純増1.5枚のRTが300G or 2000Gで、ボーナス確率が合算1/500。

    通常時の演出は選択可能だけど、シュールかつ爆音の完全告知モード以外で打っている人を見たことがない(言い過ぎたかもw)

    当時はまだ4号機があったから一部のジャンキーしか打ってなかった印象だけど、今なら沖ドキやGODジャンキーあたりなら好んで打ちそうな一台。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:4
    デザイン:2
    攻略性:3
    難易度:4
  6. ジャッカスチームkotetsuinu

    これまた優秀な大都技研オリジナルコンテンツシリーズ。

    リアルBBと疑似BBとARTが絡み合うゲーム性だけに、解析を理解するのがけっこう面倒くさかったけど知れば知るほど面白い一台。
    ただその分かりづらさ故に、もっとポピュラーなコンテンツを使ったほうが良かったかなーと。
    このゲーム性でもし番長だったら…多分凄い人気だったと思う。
    番長・忍魂・吉宗・秘宝伝等には及ばなかったのがとにかく勿体無し。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:3
    デザイン:2
    攻略性:5
    難易度:5
  7. 忍魂kotetsuinu

    忍魂シリーズの第一作目。
    これに始まった話ではないけど、大都技研のオリジナルコンテンツ開発力、凄い。

    当時はパチスロ必勝ガイドのういちが猛烈に推しまくっていたのを記憶しています。
    その理由の1つが、1Gあたりの上乗せ期待度が非常に高く、ある程度大きいARTゲーム数を獲得したら上乗せが上乗せを呼ぶ永久機関になり得る点。

    まだ設置が9店舗もあることに驚き。
    数年前までは地元にも1台残ってたから打っておけば良かったと後悔しています。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:5
    攻略性:4
    難易度:4
  8. シェイクIIkotetsuinu

    52P/1k、400枚のBIGと50枚のREG、メイン重複小役のサボハニ揃い時は演出用RTに突入するも基本的にはボーナスのみのノーマルタイプ。

    今でこそ50回転前後/1kの台が増えてきましたが、当時はあまり見かけない優秀なコイン持ち。
    そのコイン持ちで400枚ビッグ搭載で演出はSHAKEシリーズなんだから面白くない訳がない!という訳でけっこう打ってましたが、とにかくBIGとREGの落差が大きいの一言。

    あとは新筐体のウリだったスゴビ。液晶に奥行きが生まれたやつですね。
    これは初めて見た時は確かに凄いと思った。

    チャンスステージはSHAKEステージ1択!
    歴代パチスロBGM個人ランキング上位は赤高確。でもたまに他の音楽も聞きたくなって浮気もアリ。

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:4
    デザイン:4
    攻略性:2
    難易度:2
  9. 山佐4号機時代の名機シーマスターの後継機。
    ちなみにシーマスターは業界初の4thリール搭載機です。
    最初、業界初の三連図柄搭載(しかも絵柄はイカ)で、ボーナス成立を確認する機能「イカチェック」搭載、って書こうとしたらそれはビッグウェーブでしたw
    ふと、なぜシーマスターが4thリールの走りなんだろうと考えて、もしかしたら「シー→4(し)」でオヤジギャグかなとか考えてしまいました。

    それはさておき

    初代の要素はCZの1つである中位CZ「テトラ」と、AT突入の初期ゲーム数決定ゾーン「シーマスターRUSHテトラ」に使われています。どちらも液晶でシーマスターを再現ってやつですね。
    それ以外はビンゴっぽい下位CZやらゴッドっぽい上位CZ、モンキーターン風を含む6契機の上乗せ、レア小役確変とかいろいろ詰め込んでいてなかなか楽しい。音楽も良い時代の山佐っぽくて好き。
    天井も比較的浅く、ヤメ時も曖昧なために積極的に狙いたい機種ではありましたが一般的にはあまりウケていなかった印象。

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:3
    デザイン:3
    攻略性:4
    難易度:4
  10. 猛獣王 王者の咆哮kotetsuinu

    6確出た台のデータで獣ロワイヤル23回/パトカバ6回って見かけたから、やっぱり6ならパトカバ選択率は肉ジャッジの20%以上はありそう。
    よってこのデータは6は薄そう!

    続きを読む
  11. 猛獣王 王者の咆哮kotetsuinu

    新台二日目、設定6を期待できる店で打ってきました。ただ今回は結果として設定推測…全く分からない。(特に中盤以降は人に打たせていたので高速目押しの推測はできていません。)
    終了画面はデフォルト以外は奇数示唆と偶数示唆が半々。トロフィー無し。ちなみに連チャン中は毎回同じ終了画面が出続けるタイプです。

    高設定はパトカバが選択されやすいようですが0/16。(直撃は最初の1回)
    設定6のパトカバ選択率の解析次第だけど、10%くらいなら直撃もあったしまだ可能性はある、20%くらいなら可能性は薄いかなといった印象。

    ◆ゲーム性
    プレミアの象は別として(そもそも象がプレミアになったのは初代獣王では嫌われ役だった象=REGに有り難みを持たせただけ)、滅多に出ないライオン(しかもかなり弱体化の印象)、つまりそろそろライオン・ゴリラ・ダチョウの3種類のサバチャンから脱却したほうがいいんじゃないかな~。基本20Gでストックを目指すゲーム性+最後は2択成功で継続くらいのゴリラ+ダチョウのシステムが基本のATでもいいのでは。

    あとSC100完走して猛獣王REDになったあとのSC消化中の100%ゲージ達成は何か意味があるのだろうか。
    これ以外にもレア役の無駄引きが多く感じる場面が多い。
    CZ失敗時、SC終了時もアッサリしすぎ。

    猛獣王モードは、鏡のDZのような引き戻しとは言うものの、これただの天国ゾーン前半の当たりに期待するだけのモードでは?
    モード終了後に有利区間継続なら引き戻しというのも理解できるけど、有利区間はSC終わるたびにリセットされるし。RED中の有利区間ランプの詳細を確認しなかったのを後悔。

    液晶右下のゲーム数は猛獣王モード終了後からカウントされるのでゲーム数ハイエナをするときは気をつけましょう。(よって、添付画像の当選G数も台上のデータ機のG数なので液晶表示とは40Gほどズレがあります。)

    ◆演出
    出目がだめ。
    左リール「赤・ブランク・赤」や「リプ・ブランク・リプ」、ズレ目といった出目がハズレ目でそこそこ高頻度で出る。
    演出もマングースの安売りが気になった。
    頻発すれば期待続きを読む


    ゲーム性:2
    演出:1
    デザイン:2
    攻略性:3
    難易度:4
  12. SASHIBAkotetsuinu

    差し歯ではありません。
    サシバは絶滅危惧種である沖縄の渡り鳥です。

    つまり、パイオニアの沖スロ「キンバリー」(こっちはそのまま金歯がモチーフ)とも関係はないと思う。

    ネーミングインパクトに敬意を表してデザイン星4。見たことないから実際に打つのは難しかっただろう意味合いで遊戯性の難易度星4w

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:3
    デザイン:4
    攻略性:3
    難易度:4
  13. サイサイkotetsuinu

    パチスロ小役図柄人気投票があれば10位以内には食い込むと思われる人気キャラのツノっちが主役。
    打った事はあると思うんだけど何も覚えてませんw

    スペックはよくあるノーマル機…と思いきやビッグ後は100GのRT付きでREG扱いの白7揃いでも約188枚獲得可能。
    ボーナス単独成立に特大の設定差アリ、中押しで成立役を見抜いて打つのが楽しい、ボーナス中BGMの「サイ、サイ、サイ、サイ、災難だ~♪」。
    調べながら書いてたらちょっと思い出しましたw

    ちなみにツノっちのドル箱は、珍しくちょっと欲しいなと思ったパチスログッズの1つです。

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:3
    デザイン:5
    攻略性:3
    難易度:1
  14. 北斗の拳 転生の章kotetsuinu

    店が設定を使う事もない発言に関して追記。

    既に投稿のあるクロロさん等のお店関係者の方のコメントでは設定を使う場合もあるとのことですが、あくまでも自分が打っていた数年前の印象という事。
    最近ではガックンチェックしたところで、台自体がオンボロになってきているので毎ゲームガックンしている台がほとんどではないでしょうか。

    続きを読む
  15. 北斗の拳 転生の章kotetsuinu

    ピーワールドで現在の注目ランキングがリゼロに次ぐ2位。
    古い機種でこんな事があるのは攻略が発覚したタイミング以外では珍しいですが、今回のランキング上昇はもちろん設置期限前の駆け込み需要。
    間違いなく5号機を代表する機種の1つでした。

    ゲーム数以外のあべしカウントによるゲーム性を広めた功績は良い悪いは別として大きい。

    演出は若干強弱が分かりづらい。でもその曖昧さがゲーム性と噛み合って絶妙なバランス。

    デザインはパッと見ただけで転生だと分かる、数多い北斗の拳シリーズの中でも良くできた一台。(修羅とか新伝説とか強敵とかは台の前で一瞬考えないと「これ、どの北斗だっけ?」となるポンコツな自分)

    攻略性はモード推測やB天狙いやらで高いと感じる人も多いでしょうけど、設定狙いがあまり意味を持たない点で評価を下げて普通で。攻略要素が多くて勝てる要素が多い!って人よりも玉集めで事故って勝ったって人がこの機種に関しては大半でしょうwお店的にも設定使ってるアピールをしたい時に設定が入る台ではないだろうし。
    よって、難易度も普通。

    個人的にはここ2年くらいはほとんど打ってなかった。いや、面白い台だし最近の台よりは勝てるのは事実だろうけど、900あべし基盤問題があってからなんか積極的に触りたいと思わなくなったのが大きく、その点が残念。

    4号機初代北斗の拳、5号機の転生とそれぞれ時代を代表する機種になったので6号機北斗の拳にも淡い期待をしたいと思います。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:4
    デザイン:4
    攻略性:3
    難易度:3
  16. ぱちんこCRあしたのジョーFCkotetsuinu

    この機種、激熱が簡単に外れるみたいですね。
    そんな台では右打ちランプを拾うしか勝ち目がない…wというわけなんですが、未だに1台も右打ちランプ点灯台を拾った事がありません。
    噂では液晶画面も大当たり待機状態になるとか?
    右打ちランプの場所をご存知の方いらっしゃいませんかね?

    ちなみに現状で検索すると、この位置と示唆するようなページは見つかるのですが、このランプ点灯は右打ちランプではないので悪しからず。(これは自分で撮影したものですw)

    続きを読む


    ゲーム性:3
    演出:2
    デザイン:3
    攻略性:3
    難易度:3
  17. PAミルキーバー N‐W6kotetsuinu

    設定付きパチンコの中ではかなりお気に入りの一台です。
    まず前提として、設定付きパチンコに関して頑張ってくれてるお店があってこその評価になります。
    高設定を使ってて釘も悪くない状況ならかなり甘い部類の台。引き戻しに期待できる大当り確率のバランスが良い。なんか一昔前の羽根物の良台打っているような出玉推移が好み。

    BGMがかなりクオリティ高いので星5。
    デザインは普通の星3。

    攻略性は星4、以下理由。
    豊富な設定推測要素。
    セグは3番だけ見れば確変or通常がすぐ分かる。10Rセグが出た時の一瞬間が空いてから「いつもと違う」と気づく感も嬉しい。
    朝イチ出目「357」なら変更アリ。据置or電源オンオフから一定時間経過で「753」。とりあえず凹み台の357なら淡い期待が抱ける。
    (この一定時間経過の753出目について詳細知ってるお店の関係者の方がいたら是非教えてほしいです~)

    止め打ちも簡単なので難易度低め。
    (完璧にやろうとすると捻り含めてかなり難しいけどそこまでする必要はないと思う)

    疲れるから長時間打ちたくないけど、この台なら朝イチに初代背景出たらそのままずっと打ち続けたいと思える台ですw

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:5
    デザイン:3
    攻略性:4
    難易度:2
  18. ナイツ2kotetsuinu

    なんだろう…初代ナイツの良さがまったく継承されていないリメイク機。
    せめて音とか雰囲気くらいは継承しろと言いたくなるのにそれすらぶち壊している感じが…
    (BGMはそのままだけど、それ以上に他が良さを潰している)
    ここではAタイプのカテゴリになってるけど、中身は紛れもないリノシステム。
    リノシステム自体はよく考えられたものではあるけど、かと言って何でもかんでも同じシステムで作るのはパチスロ業界の悪いところ。

    ざっくり初代の良いところ
    ・設定6のスペック(大当り確率1/119で機械割144%)
    ・音と世界観
    ・BIGが揃ってハイパーかチャレンジか告知されるまでの間
    ・キャンドル点灯中の達成感

    スペックに関しての再現は無理な話なので諦めはつくとして、
    肝心なのはボーナスを引くタイミングとその自力達成感。
    リノシステムにしてキャンドル点灯を第一の目的にしちゃったがためにこんなクソ台になってしまった。大事なのはキャンドルを点けることじゃないんだよ山佐さん。

    それに当時の山佐の台は音楽が神だった。ナイツはもちろん、ファウスト、ハイパーラッシュetc。

    もういっそのこと、ナイツの月を擬人化して萌えキャラ化しちゃうくらいにすれば逆に良かったのかもしれない。

    続きを読む
    ゲーム性:1
    演出:2
    デザイン:1
    攻略性:1
    難易度:1
  19. ハナビ通(ハナビ2)kotetsuinu

    噂では設定6で110.0%・・・これはハナビを打つ専業なら誰しもが思っていた「せめて・・・せめてほんのちょっとでもいいから、もうちょっと設定56の機械割が高かったら」を叶えてくれる希望の星になるのか。

    下手に他の部分はいじらないで欲しいと思う。それだけハナビの完成度は高い。あー、でも設定1or2のBIG中ハズレは無しでもいいかもw

    続きを読む
    前評判:必ず打ちたい
  20. CTザクザク七福神kotetsuinu

    新台二日目で狙ってみましたが、初日が19時スタート、高確率で設定6を使うホールで約2900P B15R17 +1700枚程度、これ多分下げられてるな~というわけで600Pの早め見切り、B2R3で終了。CT入らず。

    ベルが全然引けなくて1/10。このボーナス枚数でコイン持ち悪いと、とてもじゃないけど打ってられない。
    毎ゲームボタン押せば喋るのが鬱陶しい。何プレイかボタン押してみたらいきなり「今日の運勢は~?最高~♪」とか言われて、普通の台だったら最高設定を意識すると思うけど多分関係ないと思う。

    REGは赤でも青でもどっちでも揃うみたいだけどBIGはどうなんだろ。ただこっちも色共通だとしたら、1Gでフラグ判別できちゃう配列なのがせっかくの演出を殺しちゃってる。

    キャラデザインはけっこう有名なイラストレーターみたいだし、星4。
    攻略性は、高設定(設定6)の安定感はかなりありそうなので星4でもいいくらいだけど設置台数が少ないので3つ止まり。

    BIG中のビタ押しがなんだか難しい。タイムクロスもそうだったけど個人的には山佐のビタがなんか苦手。絵柄デカいから狙うというよりも止める感覚(多分伝わらないw)。というわけで難易度星4。
    CT引いてみたかったけど残念。

    こんな台作れるならナイツを上手く再現してくれると嬉しいんだけどな~。5号機テトラリールのナイツは名機の名前に傷を付けた黒歴史だと思うので、なんとか挽回をお願いしますw

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:4
    デザイン:4
    攻略性:3
    難易度:4