じゅんたプリ の投稿一覧

  • 32
  • 10
  1. P緋弾のアリア3 設定付じゅんたプリ

    はい。
    同一人物です。

    続きを読む
  2. P緋弾のアリア3 設定付じゅんたプリ

    仕組が判り難いので少しだけ説明。
    初当りのうちの64.25がタイムチャージに移行し、この間は与えられた時間内で何回当りが引けるか?になる。
    見た目上は時間の振り分けだが、実際には約1/1.58で4~14回の抽選を行う仕組み。
    当然ながら1回も当らない事もあれば最大14回当たる事もある。
    平均6.2回当たる振り分けとなっており、6.2回×出玉340個=約2110個の払い出しとなる。
    14回の振り分けで全て当った時の出玉は、初当り+14回当たり×340個となるので、最大5100個となる。
    このタイムチャージでの当りが終了すると、かなめバトルに必ず突入する。
    約1/1.58で1回の引き戻し抽選を行うのが、かなめバトルとなっており、ここで引き戻すと再びタイムチャージへと移行する。
    かなめバトルの引き戻し率は約63.3%となる。
    要約すると、初当り→タイムチャージ(平均2110個)→かなめバトル勝利(勝率63.3%)→タイムチャージとループする機械。
    但し、タイムチャージ中の抽選は1抽選が約37秒もかかる為、出玉スピードは極めて遅い。
    又、無駄玉を打たせる仕組みなので、画面に出ているRUSH中保留玉の残数を常に確認しながら、停め打ちしないと玉が減りまくります。
    保留玉が無いのに停め打ちすると抽選が行われない場合もあります。

    停め打ち前提であれば、平均出玉は約3900個の機械なので、新規則ハイミドル機としては高い部類。
    版権としては一定の支持がある版権ですので、小台数であればあっても良いと思いますが、ゲーム性が判り難いので、若年層向けの機械です。
    よって、店によってはスルーも当然有り得ます。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  3. ジャングルマスターコングダムじゅんたプリ

    RT100Gor999Gは魅力ですが、BIG確率とREG確率から予測すると、資料にあるようなBIG→RT→REG→RT→REG→と言う状態になる可能性は極めて低い。
    999Gは殆ど無いと思いますが、999G引いたのに次もBIG(若しくはREG→BIG)で、BIG後のRTは100Gとなり999RTが吹っ飛んだ~と言うような状況になる事が殆どだと思います。
    極一部しかRTループによる連チャン出玉はありえませんので、結局は既存のロングRT機と同じだと思います。
    ジャングルマスターの名前で打とうと思うほど、昔のジャングルマスターが良かった訳でもありませんし、進んで新台で入れるような機械だとは思えません。
    それに5.9号機はいずれ撤去しないといけない対象となりますので、余程良い機械じゃない限り、わざわざ撤去対象機種を増やす必要は無いと考えます。

    殆どがダメで撤去対象の5.9号機。
    殆どがダメだがたまに良い機械も出て撤去対象ではない6号機。
    言うまでも無く後者選ぶでしょ!

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない
  4. アナザーハナビ弥生ちゃんじゅんたプリ

    打った感想ではなく、データからの考察となります。
    申し訳ございません。

    この機械の面白いところは、某ビッグデータを分析すると2000枚over率が低設定程高くなっており、TYもMYも低設定の方が高い(MYは殆どの機械で低設定の方が高いですが…)事です。
    もともと営業の段階で言っていた通りの動きをしています。
    長期スパンでの勝率で言うと高設定の方が勝ちやすいのは当然なのですが、差玉は低設定の方が塊が出易いので一撃がある分だけ低設定の方が面白い。
    本来の遊技として、これは大事な部分です。
    そう言う意味でゲーム性の部分を高くさせて戴きました。

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:2
    デザイン:3
    攻略性:2
    難易度:2
  5. CRフィーバーマクロスフロンティア3Rじゅんたプリ

    今後2400個タイプが出てきませんし、GWに向けて導入する機械としては必要だと思います。
    最近の機械の中ではTY・MY共に他のハイミドルより明らかに上です。
    演出面も版元が三共の子会社なだけにクオリティーが高く良い感じです。
    唯一、大当り間のインターバルが長い事と、時間差玉をクリアする為の時間の使い方が下手だな…と。
    この部分がマイナス要因なので打止遊技をオススメします。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  6. ハイミドルは前作の2が現役で、それなりに高い評価だったのに対して大幅なスペックダウンだった事から瞬殺でした。
    だからこそ、この甘デジは新台感が出やすいです。
    スペック的にも旧基準機と遜色ないですし、コンテンツ自体には一定のファンがいる事から、それなりの結果が出ると思います。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  7. ぱちんこセブンインパクトじゅんたプリ

    セグ演出は少し見難いですが、今までのベルコ性セグ機を継承しており、悪くはありませんし、スペックだけを観ると案外悪くない印象でした。
    しかし実機を打つとアタッカー性能が凄く悪い。
    ラウンド間インターバルが5秒超え?
    作りが雑です。

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない
  8. CRおそ松さん~おうまは最高!~99Verじゅんたプリ

    ここまでヤル気が伝わって来ない機械も珍しいかもw
    1680個当りを搭載したばかりに、その弊害は継続率と1680個以外の当りに集約されました。
    継続率は事実上は約51%でST機なので当然ながらST抜けもある。
    表向きのスペックは1680個が40%に見えるが、実際にはST中(継続率約70%の状態)であっても3割がST抜けなので1680個は28%になる。
    無理に買う機械では無いですね。

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない
  9. P EXゼウスじゅんたプリ

    7分で5000個は凄いと思いますし、この手の機械が新規則でも作れることが確認出来たのは良かった。
    非常に辛そうな上に、導入後がGWである事から3週間くらいで回収するかな?
    沼の再来w
    王将や綱取を撤去するタイミングであれば、それなりに使えた可能性はあると思いますが、タイミング的に早過ぎた印象。
    7分消化の為の保通協対策はゴトに狙われそうで嫌だな。

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない
  10. P平家物語‐RELOADED‐Y2Cじゅんたプリ

    通常に見える状態でも、実は潜伏中がありえる機械。
    ただ、だからと言って出玉性能が高い訳でも無く、非常に平たいスペックという印象。
    昔の平台みたいな感じです。
    演出面は金掛かってません。
    琵琶法師の人って、実は確変中に踊ってるお姉さんですねw
    つまり出てくる役者さんは一人(笑)

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない
  11. P GOD EATER‐ブラッドの覚醒‐MVY2じゅんたプリ

    90%という高継続はユーザーにとっても魅力的ですが、その反面4Rが多いのが最も大きな懸念材料。
    私の計算上、TYは4119個も無く、3500個程度になると思われます。
    理由としてサンセイが出しているTYは恐らく打ち出し玉とアウトに逃がしている玉が計算されていない。
    アタッカー性能を良くみせる事と連チャン性能のサクサク感を出す為の問題点は時間差玉をクリア出来るか否かですが、この機械は、アタッカーに入る手前で玉が繋がって流れ、アタッカーに一気に吸い込まれるような見せ方と、ラウンド間のインターバルが1秒以下という非常に上手い見せ方をしており、それが速い出玉感を生んでいます。
    しかし、実際には右側を通過して盤面下方に玉が行きつく前に削っていいます。
    それにより、時間差玉クリアと大当りの爽快感を両立しています。
    少し辛めの機械なので利益貢献しやすく、導入5週目にはGWに入る事から貢献度は高いと判断します。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  12. CRターミネーター2 じゅんたプリ

    洋物版権はダメと言われてきましたが、この版権は日本でも映画が大ヒットした事や、TVでも度々放送されている事、シュワルツェネッガーが非常に有名である事、声優陣が日本語吹き替え版の声優である事等から、今までの洋物版権のような違和感は感じない機械だと思います。
    スペック的には非常に尖ったスペックで、確変突入こそ10%ですが、時短100回と出玉1800個(アタッカー性能が悪いので実増は1800個程度だと予想)で引き戻す確率を含めると約56%程度は次の当りを体感できる仕様となっています。
    演出面も判り易い演出構成となっており、印象としては悪くないですし、一撃を狙って打ってくれるユーザーはそれなりにいるのではないか?と推測します。
    但し、長期で安定稼働する可能性は低いと思われる事から初期稼働からGW明けまでに、どのくらい稼げるか?だと思います。
    少し甘目なので釘は辛目になると予想。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  13. P七つの大罪 強欲Ver.じゅんたプリ

    ハイミドルの七つの大罪のベースが32程度なので恐らくこの機械もベース32程度までは落とせると仮定すると、スタートは出荷ゲージの5.25より随分回せる印象。
    平均TYではゴッドイーターの方が高く、モードTYでは七つの大罪の方が高いが、アタッカー性能が悪いので、もう少しTYは低いと予想します。
    ハイミドルは辛かった事から粗利貢献しましたが、この機械も同様に辛いと予想され、導入2週後には10日間の長いGWとなる事から、粗利貢献度は高いと予想しますが、既に飽きられてる機械のスペック違いなだけに、長期で貢献する可能性はほぼ無い。
    GW明けと共に終了となりそうなので、進んで導入する機械だとは思いません。
    打ち手として観た場合も辛そうなので打ちたくない。
    ディスクアップの機歴だと思われる事から、ディスクアップの赤字分も抜かれそうで嫌だ。

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない
  14. Pスーパー戦隊Sじゅんたプリ

    平均TYはライトミドルとして平均的な数値となってますし、初当りで通常ひいても時短100回が付きますし、RUSH中の10Rが40%等、全体的なバランスは遊びやすくて良いと思います。
    戦隊ものを時代ごとにピックアップし選べるなど、工夫は見られますが、それでも版権自体が弱い印象です。
    悪くは無いのだが、パンチが足りない。
    孫や子供と一緒に観る世代もいるので、ここ数年の戦隊もピックアップすれば良かったのに。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  15. PA清流物語3 XBAじゅんたプリ

    バランスが良く持玉遊技もしやすい、長時間遊技層向けのスペック設計で、年配・女性客が多いホール向きの機械だと思います。
    導入しやすく、それなりの長期稼働が見込めそうな印象です。
    販売台数も少ない事から資産価値も高い。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  16. CR不二子2~Lupin The End~ 199VER.じゅんたプリ

    スペックは199の機械としてはバランスは悪くないです。
    ただ、ハイミドル・甘デジが既に市場にある状況において、追加スペックがライトミドルと言うのが引っかかります。
    後出しの、追加スペックが良かったパターンは今までに無いと思いますので、この機械自体のスペックが悪くなくても高稼働する可能性は低いと思います。
    そして旧基準機なので、無理に買う必要は感じません。

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない
  17. パチスロ黄門ちゃまV女神盛‐MEGAMORI‐じゅんたプリ

    出玉性能としては、エヴァ777と同等かな?
    S聖闘士星矢より少し少ない程度となっておりバランスとしては悪くないと思います。
    演出面はパクリ演出含めて黄門ちゃまと言うよりお銀を前面に出した演出。
    少し甘めなのが気になりますが、販売台数も適度だと思いますし、導入から直ぐにGWに入る事から何とかバラならあり。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  18. CTザクザク七福神じゅんたプリ

    CTですが、実質はA+RTのハナビに近いゲーム性のようです。
    初当りまでの投資金額が2560円と非常に遊びやすい機械ではありますが、BIGで150枚は少なすぎます。
    魅力が低いだけに結果が伴うとは思えません。
    甘く動けばディスクアップみたいな感じになるかもしれませんが、二匹目のドジョウが居た事はありません。

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない
  19. ドンちゃん2じゅんたプリ

    クランキーセレブレーションがBB250枚でそこそこの結果となりました。
    この機械はBB222枚で不足分をRT20Gで補ったタイプとなっており、スペック的にはちゃんと考えて作られていると思います。
    演出面は久々のドンちゃん液晶機としてドンちゃんらしく、特に問題ありません。
    打ち方で出率が変わるので、少し甘目に動きそうな印象ですが、出玉性能より遊びやすさを重視したタイプとして無しでは無い。
    出玉だけに振って直ぐに使えなくなる高純増AT機よりは長く使えると予想。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  20. 戦国パチスロ義風堂々!!~兼続と慶次~じゅんたプリ

    恐らく最後の大量獲得A+RTタイプとなりそうですが、5.9号機と言うだけでユーザーが期待していませんしホール側も期待していないので、大事に使いません。
    演出面は映像も綺麗ですし、楽曲も新規曲収録など、作り込みは良いだけに6号機で作り直せば良かったのでは?と残念な印象。

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない