じゅんたプリ の投稿一覧

  • 9
  • 0
  1. Re:ゼロから始める異世界生活じゅんたプリ

    計算上、初当りまでの投資金額は29000円超え?ゴッドより辛いですね。
    しかも天井はCZ天井なので、事実上は天井無し。
    コンテンツは現在進行形の人気コンテンツなので、集客力はかなり強力だと思われます。
    ATは純増8枚なので、300Gで2400枚に達してしまう事と、平均出玉が1200枚前後である事から150G程度が全ての遊技の内の当りG数となります。
    つまり全ての遊技の内の1割程度しか当り(AT)に滞在しないゲーム性となっている事から、パチスロとしてのゲーム性で言えば、殆ど当りを体感出来ない完全にダメな設計。
    以上より、スロットユーザーの一部が純増8枚に乗せられて最初は少し触ってくれそうなのと、何も知らないファン層が、とりあえず当るまで打ってくれるだろうと予想します。
    それにより粗利には貢献度が高く、3週くらいで機械代回収すると予想しますが、ゲーム性は版権と全くマッチしていない酷い機械なので長期で使える可能性はほぼゼロだと思います。

    ホール目線で粗利貢献としては導入ありですが、ユーザー目線だと絶対に打ちません。
    版権ファンを痛める事で、ホールが儲かる機械です。
    そしてファンが何処で打ち辞めるかを見極めてハイエナが狙う機械です。
    版権ファンに対して非常に失礼な機械設計だと思います。

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない
  2. デジハネCRAぐるぐるダービーじゅんたプリ

    ユーザー目線では、ラウンド振分等、出玉面のスペックは悪くないと思います。
    ですが、演出がチープな上、オリジナル版権で集客力も無い。
    更にサミーが言っているデータを見る限り、甘そうなので利益貢献は難しそう。
    稼動は低い・集客も出来ない・利益も低いでは買えません。
    設置ホールがあれば、甘そうなので打ってみるかな?

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  3. P緋弾のアリアAA 設定付じゅんたプリ

    この機械は仕組み上、ヘソの開け閉めでスタート回数の管理が殆ど出来ない為、設定での出玉調整となります。
    よって、必然的に若者がターゲットとなりますし、版権としてはそれに合致しています。
    そして釘での調整が難しいと言う事は高設定を使って釘を絞るという手法は使いにくい機械です。
    1種2種混合機なので、突入率・継続率に殆ど差が無いのに出玉率にこれだけ差があると言う事は、TSの差がそのまま出玉率の差と言う事になりますので、データをみれば設定が判り易い機械と言う事になりそうです。
    設定使って集客する手法のホールであれば導入を検討しても良いが、設定使う気無い店では動かない可能性が高いと予想。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  4. PFアクエリオンW最終決戦ver.じゅんたプリ

    スペック的には問題無いと思います。
    しかしハイミドルの結果は悪くはありませんでしたが長期で使えた機械ではないですし通常演出が同じ事から新台感は低いと思います。
    それに同じ1種2種タイプが出過ぎて飽和してきている部分も気になります。
    初期稼働から高稼働するイメージが沸きにくい事から、旧基準機撤去の絡みで安くリユースでバラ導入くらいが妥当だと思います。

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない
  5. PA牙狼GOLDSTORM翔 設定付じゅんたプリ

    既存の牙狼ザルバよりはスペック的にもシステム的にも良いと思うが、甘デジの牙狼というものに対してユーザーもピンと来てない状況は変わってないと思います。
    よって、初動から高稼働する事は無いと思います。
    徐々にでも旧規則を撤去し新規則に変えていかなければならない現状があるので、その中の一つとして価格の安いこの機械を入れる事がダメとは思いません。

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない
  6. CR百花繚乱サムライブライド 99ver.じゅんたプリ

    ミドルがまだ動いているので甘デジを出すには少し早いと思いますが、甘デジのコンテンツとしては実績もあり長中期での稼働が見込めます。
    スペックも潜伏こそありますが、ダメスペックではありませんので、問題無いと思います。
    俺の花嫁システムが甘デジで楽しめるのをミドル百花ユーザーは待ち望んでいると予想。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  7. 蒼天の拳 朋友じゅんたプリ

    ゼロボを起因とするトラブルが全国的に多発しているようです。
    うちのグループ店でもありました。

    辞める際にゼロボをひいて辞めるお客様が多い事と、閉店時にゼロボ状態だったものが翌朝に据え置かれている事によるもの。
    ゼロボにより天井クリアされる事で、コールランプ上のG数で天井が発動しない事。
    青図柄に関しては展示会での見本機に比べ、成立する事が多く、試打時と随分違うじゃないか!となっているようです。

    徐々にお客様もホール側も馴れてくるとは思いますが、やはりお客様が面倒と感じるシステムやホール側の配慮が他機種に比べて過剰に必要な機械は厳しいのかもしれません。

    続きを読む
    ゲーム性:悪い
    演出:普通
    デザイン:普通
    攻略性:やや勝ちづらい
    難易度:やや高い
  8. パチスロヱヴァンゲリヲンAT777じゅんたプリ

    販売される機械の型式名ですが、最終的に当初と違う型式で確定したようです。
    試打の時にフィールズが言っていましたが、新しく通った型式の機械になるようです。
    型式名:SヱヴァンゲリヲンAT777F
    初当り確率:①~⑤は変更無し、⑥は1/270.0
    出玉率①②③⑤は変更無し、④は103.8→103.9%へ、⑥は109.5%

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  9. CRジューシーハニー2じゅんたプリ

    前作を継承した打ち易いスペックではありますが、実質の継続率は下がっており、前作程の結果は出ませんでした。
    しかし、前作同様に演出面では一定の支持層がおられる事から稼働は安定しており、負けても打ちたいと思えるか否か?というパチンコとして、実は最も重要な要素を兼ね備えている事は称賛に値します。
    まさにホールもユーザーもWINWIN(笑)
    恐らく甘デジ、そして3作目もあると思われますので、今後もこの路線は継承いただきたいです。
    ホール側の立場としては、2018年に販売されたパチンコの中でコケる可能性が低い事から、最も安心して導入出来た機械でした。
    未導入ホールは今からでの導入に値する機械です。

    続きを読む
    ゲーム性:良い
    演出:非常に良い
    デザイン:良い
    攻略性:どちらとも言えない
    難易度:低い
  10. P劇場霊じゅんたプリ

    正式な型式名は
    SヱヴァンゲリヲンAT777SKだそうです。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  11. アナザーゴッドハーデス‐冥王召喚‐じゅんたプリ

    差玉自体は5000枚超え、某データによれば9000枚の差玉も出ており、出玉性能自体は他の5.9号機と比べれば圧倒的に高い。
    やはり天井が無い事と有利区間以上の一撃性は持たせられない部分がGODとしては致命的だと思われます。
    但し前述の通り、出玉性能は高く、これから出てくる6号機よりも高いので、高射幸機を撤去して行く上での代替え機として全然無し。とはならないと思われます。
    まぁ例のソフトウエェアアップデート付なので、中古機が出回っても結果に見合わない価格になるのだと思われます。

    続きを読む
    ゲーム性:悪い
    演出:普通
    デザイン:普通
    攻略性:どちらとも言えない
    難易度:普通
  12. パチスロヱヴァンゲリヲンAT777じゅんたプリ

    演出面やゲーム性等は全て新規の機械となっており、新台感があり良いと思います。
    出玉性能としては、6号機の聖闘士星矢と似たり寄ったりで、全体的なバランスとしては悪く無いです。
    AT初当り時の殆どは150枚で終了だと思われますが、一撃性のあるフラグ搭載なのは良いと思います。
    通常時から有利区間タイプのAT機ですが、有利区間から通常に転落するタイミングはAT終了時と、10周期のCZ天井でATに突入しなかった場合となっており、鏡のように1000枚とれてないのにエンディングなんて事にはならない仕様なのは良いと思います。
    天井が無いのはマイナスだと思いますが、その分の出玉を通常時から狙える一撃フラグに持って行っているのは良いと思います。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  13. P劇場霊じゅんたプリ

    島崎遙香とリングの監督という当時としては集客出来るメンバーで挑んだ映画ですが、全然面白くなかった映画のようですね。
    それだけにオッサンな私は全く知りませんでしたw
    なので、この版権の名前で集客は難しいと思われます。
    フィールズさんはスペック的には、新鬼武者とほぼ同じと言っていましたが、少し落ちる印象で、そこにダメ版権では厳しい結果になりそうだと思います。
    現実に、演出は意味不明な感じで、特に小当りRUSH中は払い出した玉の個数の表示ばかりで、鬼武者に比べ酷いつくりだと感じました。
    これは打ちたいと思いませんし、お客様に勧められませんね。

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない
  14. CR牙狼TUSK OF GODじゅんたプリ

    他の方も書かれている通り、全国的に甘い挙動となっております。
    正確な数値はまだ判りませんが、大凡のデータから平均出玉が4000個超、下手したら4300個超だと思われる事から、ここ最近の機械では最も出玉性能が高いと思われます。
    牙狼なだけにユーザー目線ではそれで良いのですが、ホール側としては厳しいですね…
    今年の年末年始に打つなら、牙狼が筆頭機種だと思います。

    続きを読む
    ゲーム性:普通
    演出:普通
    デザイン:普通
    攻略性:勝ちやすい
    難易度:低い
  15. PAドラム海物語IN沖縄じゅんたプリ

    海を安売りし過ぎでは無いでしょうか?
    甘海としては設定差が大きい事から、メインの甘海シリーズと同列の扱いでは無く、変わり種としてバラエティーに置く機械だと思います。
    ただ、ドラム海は最初は良かったですが、その後販売されたドラムブラックは厳しい結果でしたし、既にドラムの海物語と言うものに、お客様が飽きている印象です。
    設定差が大きい事から、現在の甘海ユーザーをターゲットにした機械ではありませんので、運用を間違えると全くダメな可能性もあります。
    沖縄の名前で出す以上、設定差をつけるらな、高継続で出玉力がある機械で、版権もそれにマッチしていないと意味が無いと思いますが、前回のPスーパー海IN沖縄2SAHSが厳しい結果だったので、設定差に拘って本質を忘れている中途半端な機械だと感じます。
    基本、導入する程の機械だとは思えませんが、導入するのであれば、間違っても甘海コーナーに導入してはいけないと思います。
    既存の甘海ユーザーの邪魔になります。

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない
  16. P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪FHXじゅんたプリ

    初当りで通常当りを引いた場合も、確変→即確変抜けとなった場合も、最低でも1300個+時短100回を獲得出来るラウンド振分となっている部分は、ターゲット層にマッチしておりこの部分は高く評価出来ます。
    小当りRUSHについては電サポ中の戻しが高めという位置づけのようですが、ターゲット層が中高年・女性であることから、判り難い小当りRUSHは無しにして大当り確率を少し甘くするか、1回の当りでの出玉を1400~1500個にするなどした方が良かったと思います。
    現実に遠山の金さんは、ターゲット層にマッチした版権とゲーム性が合致しており結果も良かった機械ですので、そういったゲーム性の機械にするべきだったと思います。
    小当りRUSHの部分はダメですが、トータル的にみれば全然無しでは無いという判断ですが、個人的にはあまり打ちたい機械ではありませんね。

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない
  17. P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪FSZ設定付じゅんたプリ

    1回の大当りでの最大出玉が1000個に満たない1/199って打ちたいですか?
    しかも継続率が高い訳でもない。
    この機械は全国的に導入が非常に少ないと思われます。
    恐らく殆どが1/319の方になると思われます。

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない
  18. P蒼穹のファフナー2じゅんたプリ

    この機械の一番の特徴は、1種2種混合機では本来変える事が出来ないV入賞確率を、役物とサポート玉を使う事で買えている部分です。
    穴当り・5穴ハズレの計6穴の回転体でV入賞を狙うのですが、ハズレ穴にサポート玉が1~5個のランダムで発射されます。
    その後、勝負玉が発射されVに入れば大当りなのですが、サポート玉が多いほどV入賞確率が上がる仕組みで、サポート玉が5個なら当り確定となります。
    RUSH突入~継続に関してはほぼシンフォギアと同等の出玉性能で悪くは無いのですが、シンフォギアの仕組みを真似した機械も含めて、同じような機械ばかりになってきており少し懸念があります。

    それと、サポート玉が回転体に向かって発射されるタイミングによっては、勝負玉がV入賞するか否かに全く関係ない穴を埋めてしまうだけに、発射タイミングにヤラセ感を感じます。
    このあたりもガチだったら面白かったのにな~と感じますが、それやるとゴトられる可能性もあるだけに出来なかったのかも?
    いずれにしても、もう一工夫欲しかったので及第点。
    イレギュラーバウンドによるV入賞も稀にあるようなので、サポート玉が関係無い穴に入ったらイレギュラーバウンドを祈ろう(笑)

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  19. Pベルサイユのばら 革命への序曲じゅんたプリ

    この版権のターゲット層は、女性客や版権ファン、宝塚好き等です。
    なのにどうして小当りRUSH搭載にしたのでしょうか?
    これであれば、小当りRUSH無しで1500個or500個当りで良かったのではないかと思います。
    小当りRUSH機は版権と打ち手・スペックがマッチしていないと結果が出ません。

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない
  20. Pリング 呪縛RUSH設定付じゅんたプリ

    盆商戦からの藤商事の機械はCR緋弾のアリアAA以外は全部ダメです。
    規則改正があった関係もありますが、新規則の機械も全てダメですし、以前のようなちゃんとした設計で機械が作れているとは到底思えません。
    今作も、全然ダメだった呪縛RUSHのスペック違である上に、ターゲット層とゲーム性がマッチしておらずダメな可能性が非常に高いです。
    リユースで少し安い以外に魅力はありませんので、安物買いの銭失いは避けたいものです。

    続きを読む
    前評判:まったく打ちたくない