チーリー の投稿一覧

  • 10
  • 3
  1. CR笑ゥせぇるすまん ドーンといきまSHOWチーリー

    サンセイの現行枠(ライジングサンセイ)から全体的に脱牙狼での機械評価が高めの印象

    『ゲーム性』
    演出や煽り方は独自の路線を走っており、チャレンジした目新しさは多い。

    『演出』
    完全に若年層を意識しており、派手さはこれでもかとw年配層は否定的な意見もチラホラ

    『デザイン』
    演出にも共通ですが、開発予算は高いだろうなぁとの印象。世界観、素材的にも割と先鋭的

    『攻略性』
    通有ST、右の70%2000発はユーザーのやれる感を上手く付いているが、実データを見ると1月の新台ではトップクラスの辛さ。
    粗利が取れる機械は往々にして抜き倒されます。

    『難易度』

    右打ち滞在時間も長めの為、止め打ちのレベルは出玉にしっかりと反映されるでしょう。

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:3
    デザイン:3
    攻略性:2
    難易度:3
  2. P押忍!番長2チーリー

    P設定付の中でようやくライト〜ミドルの確率にてリリースされたので、注目していました。しかし、大都パチンコは今までも評判は高くはない。。さて、結果は

    初日
    アウト30000
    台粗8900
    出率94.7%
    と辛い運用。設定は絶望的でしょう

    導入3週目を越える現在ですが、既にアウトも10000前半と寿命も短命に終わりそうです。

    最初から稼働には期待していなかったのが多数派で利益重視なのは理解しますが、益々設定付パチンコの普及には程遠いなぁとの感想です。

    続きを読む
    ゲーム性:2
    演出:1
    デザイン:2
    攻略性:1
    難易度:2
  3. P SUPER電役ナナシーDX2 189Mチーリー

    CR機で現行のナナシーDXⅡが固定島になっている店舗向けの機械。さらには189バージョンではなく、ちょいパチ39バージョンでの移行にて『ナナシー』を使い倒す提案をしてます。

    地域性もありますが、田舎ほど古く、長期運用できる機械にメリハリがあり、本機の他にはアナログ機やセグ、ドラム機などもこの傾向が強く出ます。

    液晶機よりも安価な為、こういった機械をしっかり選別していくのは地味に大事ですね。

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない
  4. Pヱヴァンゲリヲン~超覚醒~チーリー

    納期3/3〜
    販売台数2万台

    スペックがエヴァのベース機としては初のライトミドルスペック。新枠、さらには小当たりRUSHが付いているが、機械見の評価はイマイチの方が多めでした。

    噂になっていた高継続タイプの適合を受けたらしく、上記のものとの2スペック販売に向けてアナウンスがあったとか?

    もし、高継続スペックが販売されれば65%規制撤廃後の第1弾となり、注目を浴びるのは間違いないでしょう。

    原作ファンも多く、初動は高め。更には設定推測向けコンテンツなので、不調な設定付きパチンコに良い流れを作って欲しい。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  5. CTザクザク七福神チーリー

    4号機の確変パチスロの後継機が6号機CT(チャレンジタイム)として復活!

    スペックは1256の4段階設定
    合算1/100〜1/92と微差
    遊べるAタイプと座りやすい印象
    目を引くのはフル攻略で出率100オーバー
    比較対象に挙がるのはもちろんディスクアップ。位置的に二番煎じだが、市場に受け入れられるかは個人的には厳しいと予想
    リバイバル機として、控えめな演出を好む層には訴求出来そうです。個人的にはこういった昔懐かしい機種がもう少し増えて欲しい(価格を抑える意味でも)

    販売台数1500台と希少性は高いが、バラエティへ有っても数台の導入状況かな?出率から伺うにベタピン放置コース濃厚と厳しめの運用予測ですね。

    続きを読む
    前評判:あまり打ちたくない
  6. P V王 Legend MCチーリー

    V王というタイトルのみで詳細は伏せられておりましたが、往年の一発台やハネ物が14機種分搭載されており、液晶での出来レースを見守るというゲーム性です。

    要はCRカイジ3であった実写クルーンリーチが搭載機種分楽しめますという内容

    ゲーム性は面白そうですが、モチーフが古すぎてついてこれるのが年配層特化、これがどう出るか?に注目です。

    スペックに関して一番近いのは大海4BLACK。チャレンジスペックを挑戦しても良かったのでは?少し残念です。
    メーカーの希少性は高い傾向にあるので、中古相場も要チェック。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  7. Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)チーリー

    >>クロロさん
    ご指摘ありがとうございます。感想を追加で投稿させて頂きます。

    通常時の演出は良くも悪くも大都らしくない。原作を知らないので個人的には響きませんでした。シナリオ組まれているのかCZは一発クリア(ここのハードル次第では打ち手の心が折れそう)中身は50%〜100%を3戦突破でATを目指すのがメインルート
    ATは特化スタートにて純増8枚。体感でのスピードは確かに速い。個人的に演出<出玉スピードを評価しましたが、せっかく入ったATが短時間で終わるのは原作ファンとしてどーなのか?コンテンツ重視で見た場合はダンまちの結果もありますし、市場でどう評価されるのかに注目しております。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  8. Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)チーリー

    本日、デモ機にて試打をして参りました。
    詳細なゲーム性は省きますが、5.5星矢のスペックイメージが一番近いとの話。
    導入目線で感想です。

    販売台数は全国8000台、版権的には超有名らしいのだが、知らなくてすみません。
    原作好き曰くパネル替えで是非増産してほしいとの事。

    筐体は番長3同様の物。オリジナルコンテンツのイメージが強い筐体だったので、版権機に少し違和感。カラーリングも初代まどマギチック。

    現状の6号機の評価では頭抜けている『鏡』をリリースした大都だけにスルーする勇気は無い。初当たりが重く、情報が認知されると夜からの稼働は伸びにくそうです。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  9. P咲‐Saki‐阿知賀編episode of side‐Aチーリー

    前作の甘が根強く稼働した記憶も新しく、第2弾の登場。ようやくPV等もUPされてましたね。

    ゲーム性は前作のターンバトルシステムを進化させ、先読みならぬ咲読みも種類が増えているとかなんとか。通常時は闘牌カードシステムやら演出の賑やかしさは伝わりました。萌えやエロ要素等随所に拘りが感じられる仕上がり。擬似連の『すばら』先輩を採用する辺りは評価アゲアゲw

    右打ちは一風変わったシステムを採用している麻雀戦闘モード。確変or時短かを敢えて伏せる事により、擬似的にループ率を変えているというカラクリ見たいです。時短振り分けも相当数あるとかなんとか?モードが終わる最後までドキドキ感が持続するゲーム性は評価が分かれそうです。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  10. ぱちんこ 必殺仕事人 総出陣チーリー

    前作の仕事人4は甘デジスペックのリリースが無かった事から、打ち手のニーズが高まっているのは間違い無いでしょう。特に低貸しにまとまった台数があれば、安定感は抜群ではないかと考えてます。唯一の懸念は設定付きかな?近隣店舗の導入にも依りますが、設定1だろうが関係なく動きそうです。

    スペック面は、8%あるSUPER小当たりラッシュが引いた後に出玉が固まりやすい且つ明確な目標設定になるのは大きい。運用面でも①の分岐Sが高めなのは扱いやすい。

    値段は安くないですが、それでも必要な機種との判断。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  11. 蒼天の拳 朋友チーリー

    導入から約一週間程経過して様子を見ておりましたが、6号機の高設定=看破が早いという考えは当てはまりづらい機種との印象

    稼働面においてもホールの常連の動きを含め、昨年末のヴァーミリオン6号機と同じようにペナルティの情報が悪く植えつけられ、敬遠される傾向が当方の地域では強く出ています。というのも年配層が多い地域なので、稼働が付いてくる条件に、若者が夢中になってる→傍観している年配層が気になって打ちに来る→高稼働の流れが大事になります。

    私も打ちましたが、ゲーム性やら北斗シリーズの流れは組みながら、新しい要素も織り交ぜており、機械評価は悪くないと思います。しかし、上記の流れを見ているとこれからベースを上げた運用に対してはなかなか難しいと考えております。

    続きを読む
    設定状況:普通
    地域:福島県
  12. ミリオンヴィーナスチーリー

    現在は市場での地位も確立されつつあるアナログ機。数年前に登場した『ロトパチ』を思いだしますが、あれはルーレットが出来レースでしたね。変則スペックとワンチャン座りやすい確率は非常にそそられます。。一定のニーズは間違いなくあるでしょう。懸念を挙げるとすればルーレット中のドツきがどれだけ影響するのか

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  13. P緋弾のアリアAA FE設定付チーリー

    199ライトの1種2種混合機、さらにはベース機導入済でのスペック違いという色々被った状況ではありますが、シンフォギアの市場台数とのバランスなどを考慮すると、アクエリオンよりはこちらの方が需要はありそうな周りの雰囲気です。総じてPのライトミドルは今後要注目になりそうです。

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  14. 猛獣王 王者の咆哮チーリー

    筐体は前作の王者の覚醒のブラックバージョンといったところか。

    伝統の中押し遊技、4種のサバチャンなど往年のファンのツボは押さえていそう。

    引き戻しゾーンもあり、打感としては鏡に近い出玉イメージかと思います。

    ゲーム性に関しては極力シンプルそうなのは好感。肝はやはり出玉感ではないでしょうか?

    続きを読む
    前評判:必ず打ちたい
  15. 聖闘士星矢 海皇覚醒Specialチーリー

    7台導入 12時開店 10時間データ
    設定配分
    ②→2台
    ③→2台
    ④→2台
    ⑥→1台

    平均アウト18000
    コイン単価2円
    割数12.8

    高設定は明らかに早い段階で看破されており、逆に低設定はまぐれ吹き以外は明らかに稼働伸びず。6より4の2台が吹いたので見栄えも良し。

    続きを読む
    設定状況:良かった
  16. ケロロ軍曹チーリー

    天井は5号機屈指の深さと辛いイメージで導入当初からバラエティのお付き合い機種。
    ゾーンは900半ばには薄くあるものの、結局は天井狙い一択でしか狙い目は無い。
    ただツボに入った時の爆発力は凄まじく、閉店取りきれずの出っ放しになる事も数度見かけました。コンテンツ的には弱いが、出玉性能は光るものあり。

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:2
    デザイン:4
    攻略性:1
    難易度:4
  17. 戦姫絶唱シンフォギアチーリー

    先に出たスロットはパッとせずに、後追いのパチンコにて評価を上げた珍し版権機の代表。

    【設定状況】
    設定は低設定放置。バラエティコーナーにて倉庫在庫を引っ張り出して、パチンコのネームバリューにあやかれれば御の字

    【稼働状況】
    バラエティもしくは低貸しスロに再設置したが、上記の狙いが功を奏してIN10000枚を超える日もしばしば。意外と掘り出し物的に稼働するのは地域性もありますね。

    続きを読む
    設定状況:悪かった
    地域:福島県
  18. エヴァンゲリオン AT777チーリー

    シリーズ物の版権機ということで無視出来ない存在。今までも内容が良くないにせよ、ある程度の台数を導入するだけの根強い人気はある。制作心理でも下火であろうがシリーズを重ねるのは、一発当てた後の恩恵が大きすぎる点に尽きる。
    6号機の黎明期ということもあり、システム面でも初物の差枚数管理タイプを試すにはうってつけのタイミング。5号機のゲーム性は『ゲーム数上乗せ』により発展したが、6号機において『ゲーム数上乗せ』は相性が悪い(有利区間の存在)その為、ナビ回数管理やセット数管理等、それ以外にも新たなゲーム性が生み出される機会でもある。
    今後の版権機、並びにシステムの行く末を大きく左右しかねない機械との認識です。

    続きを読む
    前評判:必ず打ちたい
  19. CRぱちんこ冬のソナタRememberチーリー

    個人的には2018年の総合評価no.1の機種だと思っています。久々に4円で触る機会がありましたが、年末営業で敢え無く爆死…さて、本題w

    【ゲーム性】

    ステップアップと台詞予告中心と現在の機種と比較してもらったか非常にシンプル。エンジョイモードで今風なアクセントにはなりますが、煩わしいほどでもない。原作の盛り上がるシーン=大当たりの構図→ラウンド中の楽曲へと繋がる一連の流れは今でも圧巻。

    【演出】
    根強いファンと王道の恋愛物、そして貴重な女性向けコンテンツと安心スペック。今年はミドル海のリリースが無かったからこそ際立つスペック。前作リリースからのスパンが空いた事も評価の底上げ要因だと考えます。

    【デザイン】
    現行枠ではないが専用筐体もあり、しっかりとマッチしている枠デザイン。派手過ぎずバランスは取れている。盤面もシリーズ通して似通っているが、視覚的に新鮮さは出している。

    【勝ちやすさ】
    既に設置台数規模も大半は撤去済(2018年12月現在)だが、それなりの台数を抱えており、且つしっかりと稼働が付いているホールは狙い目。年配層向けの為にホール側が甘めに使う機種になりやすい。冬題材とはいえ年末年始の調整には流石に期待薄

    【難易度】
    319スペックの中でも甘めのボーダーと当たれば約1箱。オーバー入賞も見込みやすい為、ユーザー側から見ても良心的。ホール側から見ても甘すぎない点も評価は高い。

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:3
    デザイン:4
    攻略性:4
    難易度:3
  20. デジハネCRA偽物語チーリー

    今更ながら『物語シリーズ』の原作アニメを観賞しておりますが、キャラアクションではなく、会話や心情中心でここまで話を面白く出来るものかと感心してしまいました。潜伏ファンが多そうなコンテンツで、まだまだ後継機種出てきそう。さて、本題

    【ゲーム性、演出、デザイン】
    ベース機から新規映像や忍のぱないのをアタッカーに添える等、焼き回し感の軽減にも細やかな気配りは個人的に高評価。
    スペックを甘く乗せ替えただけの妥協の機械すら評価基準はシビアなユーザーが多いですので。

    【攻略性】
    電サポの50%で16Rの1600弱の払い出しは魅力だが、基本的には電サポ中での引き戻しがスタートライン。同メーカーの北斗無双甘のアレンジタイプ。大当たり後100回まで高確だが、通常確率と大差無く狙えるレベルではない。

    【難易度】
    電サポ1個賞球の為、現状維持すら厳しめ。
    開放パターンはシンプルだが、電チュー性能はサイズも小さく低い部類。

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:3
    デザイン:4
    攻略性:2
    難易度:4