リルム の投稿一覧

  • 3
  • 0
  1. 絶望の始まりだった5.9号機の中では、優秀な稼働でスタートしたこともあり、急いで増台した記憶があります。

    ボーナスで必ずRTが付き、ビッグだとロングRTになることから、初代リングにかけろのようなゲーム性がウケたと思われます。

    低設定でも3000枚オーバーなど、甘さでいうとディスクアップと似たようなスランプになることが多かったような気がします。

    設定4を使うと結構暴れて5000枚出たりもしました。

    といってもボーナス自体は重いのでRT150ゲームも割と駆け抜けてしまいます。

    今はもう長時間の稼働も見込まれないので、バラエティであっても設定2程度で放置されている傾向でしょうか。

    演出的には、熱いやつはあまりガセることがなく、安心して打てますが当たらないときは当たらず、1000ゲームハマりも結構出るイメージです。

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:4
    デザイン:4
    攻略性:2
    難易度:2
  2. マイフラワー30リルム

    北電子の6号機ということで登場する
    マイフラワーですが、

    マハロやマタドールで30パイはなかなか結果がでなかったですが、
    今回はAT機ということで、別路線から突っ込んできました。

    設定  初当  機械割
    1   1/220 98.1% 
    2 1/200 99.3%
    3 1/190 100.7%
    4 1/180 102.6%
    5 1/170 104.8%
    6 1/160 108.0%

    コイン持ちの良い沖ドキ!
    という感覚の方もおられるかと思いますが、
    「モード管理」ではなく
    「シナリオ管理」というのが今回のゲーム性のようです。
    初当たりから32G以内に2回目のボーナスを引くと、シナリオに突入するという流れです。

    複数のシナリオが用意されているようですが、
    選ばれるシナリオによって3回目以降の32G以内のボーナス当選期待度が違うというのがこのシステムの特長です。

    低設定でも良いシナリオが引ければ、連チャンの可能性があるということで、この辺は沖ドキとは似ているかもしれません。

    純増3枚で
    ビッグ=約180枚
    レグ=約60枚

    当店は1台導入予定。
    30パイは1ボックス構えてしまっているので、中途半端ですが25パイのどこかを手補給、手回収でやることになりそうです。

    良いか悪いかはいまさらさておき、
    どこか近隣に導入があれば、責任持って試し打ちしたいと思います笑

    続きを読む
    前評判:打ってみたい
  3. ゴーゴージャグラー2リルム

    ゴージャグ2は5台導入予定です。

    認定切れの古いジャグラーと差し替えになる予定ですが、ジャグラーはずっと販売方法というか台数が安定しないですね。

    ただ、ゴージャグそのものが稼働良かったので今回のも期待はしております。

    ゴージャグと言えば豆電球のやさしい光で、昔ながらのジャグラーが堪能できるところが良いと思います。

    「ガコッ」もないのである意味安心して打てるジャグラーかと思います。

    合算確率が他のジャグラーよりも甘いので、引き次第では低設定でもある程度出玉が出るイメージです。

    以前のゴージャグは設定2メインで使っていた記憶があります。

    今回は5号機最後のジャグラーとして、大事に使って行きたいと思います。

    稼働があればボーナス回数も割りと見栄えよくなりそうなので、3~4メインの営業になるのではと思います。

    続きを読む
    前評判:打ってみてもよい
  4. 黄門ちゃま 喝リルム

    個人的にはかなり打った機種です。

    最高で4000枚くらいしか出たことありませんが、今までフリーズは2回引きました。
    全部裏挑戦か裏バランスで行こうと心に決めたにも関わらず、
    3回くらい外すと胸の奥が締め付けられるような感覚に陥り、ネタやってる場合じゃないと、さんざん印籠を散らかした結果+180Gくらいで終わったような気がします。
    この台は印籠チャンス中が一番面白い機種なので、その時のドキドキ以外は退屈に陥ってしまう傾向です。

    AT中は白7揃いと紅炎モードでしばしドキドキしますが、基本的に印籠チャンス何にしようかな。
    のドキドキがピークの台です。

    自店では17000枚という記録を作ったお客さんがいましたが、超つまんなそうでした。
    残り1000ゲームくらいが増えたり減ったりで最終的に返り咲きでもう一回。
    うれしいというかやり直し感が強かったよいう贅沢なご意見でした。

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:3
    デザイン:3
    攻略性:2
    難易度:2
  5. 押忍!サラリーマン番長リルム

    実績ですが、1度だけ20000枚出しました。
    絶頂2回
    スラッシュ4回
    最強チェリー3回

    多分ブルーレジェンドも入ったと思います。
    通常時の最強チェリーから青7引いて、そこからしばらく青が続きました。
    青頂のゲーム数が600くらいから全然減らなくて、万枚超えたあたりから箱にメダルを移す作業みたいになってました。

    鏡でやってたのですが、ずーっとダレダレダレダ流れてて、残りゲーム数0になったと思ったら裏乗せで400ありました(**)

    結果9時過ぎに取りきったのですが、贅沢な話バグりすぎて後半はダルすぎでした。。。

    こんな展開もう一生ないんですねー
    6号機の万枚もまだ未確認です。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:5
    攻略性:3
    難易度:2
  6. ようやくリゼロ導入しました。

    初日設定3で全く出ず、翌日設定4で最高で5000枚オーバーと、荒いからこそ夢があるというのが人気の理由ですね。
    しかもそれが短時間でできるというのが稼働貢献に繋がってるみたいです。

    ゲーム性のイメージは聖闘士星矢ですが、
    AT中の目押しが若干面倒という意見もありました。
    ただ、消化ゲーム数が短いので、長期的に見て欲を言えば気になるレベルかと。

    演出も番長や鏡を彷彿とさせるものから、斬新なボタン演出もあり、結構楽しめると思いましたので、高めの評価をつけました。

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:5
    デザイン:3
    攻略性:3
    難易度:2
  7. ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐リルム

    荒い中でも甘い機種という分類ですが
    良---くデータなり、店の傾向を見て立ち回らないと、日常では勝てない機種だと思います。

    確定役からの爆発も楽しみですが、主に立ち回られるのが天井狙いでしょう。

    ひと昔前の店舗で、10台ある凱旋で設定1と2しか使っていなかったのに月間で大赤字といったことがありました。

    今回からPGGがRBとしてカウントされるようになったため、試しに月間のRB確率をデータで見たところ、約1/10,000・・・

    よほど天井の80%を引かれたか、SGGからの爆発があったのだと思います。

    中途半端に金を突っ込むと3~4万の負けは秒で叩き出すのですが、長期的に稼働させると、Vモンキーからの5000枚オーバーでやっぱり赤字になるという運用が難しい機種です。

    毎日リセットをして、稼働を狙うのもありですが、当店は少台数ですので大人しく貯金箱として撤去までの時間を過ごしもらおうと思います。

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:3
    デザイン:4
    攻略性:2
    難易度:4
  8. モンスターハンター月下雷鳴リルム

    今まだ少台数ではあれど、現役稼働する優秀台です。

    もしかしらたAT機の中で一番勝ちやすい機種かもしれないといううくらい低設定でも夢のある機械です。

    とにかく1回当てればワンチャンあるというのが本機の性能で、「やらせ」とはいわれつつも自力感のある小役の奪取によるRPG的なAT中の性質は、他の機械にはないドキドキがあると思います。

    さて、当店ではある程度撤去もされ、認定機で2台稼働している状況ではありますが、常に設定1の状態です。
    前日G数を見てリセットするかどうかという違いはあれど、ほとんど設定1のまま撤去までの時間を過ごしているような感じです。
    ホントに優秀な機械なので、設定も使っていければを思うのですが、
    もはや設定不問のジャジャ馬野郎なので、設定1じゃないと割に合わないケースが出てきてしまいます。
    なおかつ高設定がわかりづらく、もともとユーザーはAT中のゲーム性を楽しみに来ていますので、自ずとベース設定は下がってしまいます。

    敵の残りHPわずかのところでの鬼人薬×2にムカついた人も多かったことでしょう。
    逆にイケるかどうかのところで、まさかの毒が活躍するケースもあったりと
    とにかくAT中の面白さも、稼働貢献理由の一つだと思います。

    あとは何気にサウンドとフラッシュがリールや演出とうまくリンクしていて、この後何かあるかもしれないという期待感をあおるのが上手いと思います。
    今は長時間遊技しながら設定判別する人もいなくなったので、好きな人に面白さを味わってもらいたいと思います。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:4
    デザイン:4
    攻略性:4
    難易度:1
  9. ドンちゃん2リルム

    6号機のAプロジェクトということで、来月導入予定ですが、
    当店は1台のみです。

    ネームバリューのある機械なので少々さみしい台数ですが、
    5号機がまだある以上仕方ないでしょう。

    合算確率とフル攻略出率

    設定1 1/169 99.2%
    設定2 1/158 101.5%
    設定5 1/148 105.0%
    設定6 1/136 108.1%

    獲得枚数
    BB:222枚(技術介入あり)

    千円ゲーム数
    44~48G

    ということで、
    ついにこのビッグの枚数が来てしまったかという感じですが、
    合算確率とコイン持ちを見ると遊びやすいハナビといったところですかね。

    ちなみに
    ドンビッグと赤7は別フラグで
    レギュラーは2種類が同一フラグということなので、これもハナビと同じです。

    6号機のATと違って、設定1の方が爆発するということはないと思いますが、通常時の取りこぼしがなければ、
    1でも甘く推移することはあると思います。
    個人的には打ちたいので、感想はまたレビューしたいと思います。

    続きを読む
    前評判:必ず打ちたい
  10. 熊酒場2丁目店リルム

    設定6で119.9%(いいくまがくる)
    ということらしいのですが、

    メーカーからも6はマジで万枚いくので入れないで下さい!という注意を受けたこの台ですが、
    高設定が使われなさすぎてお店からは去ってしまいました。

    当店では設定4と6を1回づつだけ使いましたのでその結果ですが(それ以外はずーっと1)

    設定4では8000枚出ました。
    合算1/100でBRも1:1
    常連さんからは6入れるなら教えてよ!
    と言われましたが、4でした。

    終始 熊女将が「いらっしゃ~い」
    と言っていたらしく、隣のジャグラーの常連さんから「どんだけ飲み行ってんだ!」
    というクレームもありました。

    イベント日にウケ狙いで6を忍ばせてみたのですが、合算1/120 差枚で4000枚くらいだったと思います。
    お客さんは2、3人入れ替わり、
    まさか6はないだろといった感じでぶん回しはありませんでした。

    実際ハイスペック機に6を入れるとこんな感じになりますね。
    スペックが高すぎるのも良し悪しがあります。

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:3
    デザイン:4
    攻略性:5
    難易度:2
  11. ハナビリルム

    当店も5台設置

    平日はオール2
    もしくは
    12521

    みたいな感じで運用してます。

    基本的にはやはり甘い印象です。
    どうにもならなくなったらオール1で行くこともあります。
    最近出てると思ったらしばらく様子見てみてください笑

    直近のイベントではオール6もやりました。
    昼くらいにはバレてしまったようで、稼働がよかったです。
    赤字でしたが最高で3000枚くらいとマイルドに収まってくれました。
    小役を数えない方も打っていて、通常時の回り方が違った。と言っていたのでヘビーユーザー以外にも触りやすい機種なんだと思います。

    ハマりの後の連荘があり、オカルトがこんなにもあてはまるものかというアクロス連が魅力の一つです。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:5
    攻略性:4
    難易度:3
  12. グレートキングハナハナリルム

    当店では、
    ツインドラゴン
    ホウオウ
    グレートキング
    の3機種でハナハナを構成しております。

    月間の結果だけ見ると、同一設定でグレートキングが一番甘くなりやすいです。
    設定3ベースで運用してますが、一番取れない機種かもしれません。
    他の2機種の方が稼働が高いため、安定しているだけなのかもしれませんが、出玉性能は強いような気がします。
    最高出玉に関しても、ホウオウ、ツインは5~6000枚が多いのに対し、
    グレートキングは8~9000枚というのを見かける率が高いというのもあります。

    バウンドストップ、バイブといった機能で賛否が分かれていますが、演出バランスについては悪くないと見ています。

    ホウオウと比べてハイビスカスが大きいので、店内が暗い店だと結構インパクトがあると思います。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:4
    攻略性:5
    難易度:2
  13. ハナハナホウオウ‐30リルム

    設定4あれば戦える機種だと思います。
    3~4000枚クラスの出玉は出てくれます。
    現行設置のAタイプの中では甘い方でしょうか。
    ハナハナシリーズの中でも設置台数が多いと思います。
    連荘時にBGM変化があり、今までにはなかった要素で楽しませてくれます。
    今のハナハナがスライドタッチやバイブ演出などの要素が追加されたため、アンチ新機能のユーザーは根強くホウオウを稼働させてくれてます。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:4
    攻略性:5
    難易度:2
  14. アレックスリルム

    設定1~6まですべて使いますが、出玉についてはハッキリ言ってどうなるかわからないです。
    低設定でビッグに偏り4~5000枚出ることもあれば、設定5・6でBR1:1になって1000枚ちょっとを行き来するパターンもあります。
    アクロス特有の何かでしょうか。
    RTはないものの、獲得枚数が多いので連荘すると出玉スピードはかなり高いものと思います。
    3枚役の獲得が大変かもしれませんが、Aタイプ好きなら苦にはならない程度です。

    続きを読む
    ゲーム性:4
    演出:4
    デザイン:5
    攻略性:4
    難易度:4
  15. 聖闘士星矢 海皇覚醒Specialリルム

    6がわかりやすい上に出ないという。
    店側からしたらとってもありがたい機種。
    1週間ぶっ通しで6を放置しましたが、結果はほぼチャラという、高設定ほど見せ場がない機械です。

    逆に設定1だとある程度ハマったあとの1撃でスランプグラフを思いっきりまくるという傾向が強いです。

    もう少しバランスは安定しなかったものか。。
    あとは1ゲームで設定変更の判別ができてしまう点と、地味なペナルティ仕込みで朝一数ゲーム回さなきゃなのが最近の悩みです。

    続きを読む
    ゲーム性:2
    演出:2
    デザイン:3
    攻略性:5
    難易度:2
  16. 不二子 TYPE A+リルム

    先日久しぶりに打ってきました。

    タイプライター
    「斬鉄剣のなんちゃら・・」
    でそのまま赤7狙って無事ビッグでした。

    結果は
    投資250枚
    回収1800枚

    熱い演出も多いし、弱い演出からのリーチ目がでたり、結構出来は良いんじゃないでしょうか。

    勝ち負けについては、BR比率が大差ないのでレギュラーに偏ると結構キツイ展開になります。

    逆にビッグ引ければある程度まとまった出玉を獲得できます。
    このビッグ中も結構ハラハラする展開になります。
    運が良ければ400枚弱の獲得ができますが、ダメな時は全くダメで、300枚切ることもあります。
    面白いんだけど、Aタイプ史上最悪にビッグ中にイラつくという機種でもあります。

    続きを読む


    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:3
    攻略性:4
    難易度:2
  17. A‐SLOT偽物語リルム

    甘いし面白いです。
    フル攻略できなくても、設定1で遊べます。

    600ハマりとかちょいちょい出ますけど
    たまに高設定入る店ならブン回しもありだと思います。
    設定5だとグラフは分かれる感じです。
    3,000~5,000枚出るときと、ギザギザいって結局プラマイ0なんて時もあります。

    6は結構別格で出ます。
    絆狙いのニートさんもA偽の6入るなら並ぶというほどです。
    よく演出も作られたAタイプだと思います。

    続きを読む
    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:4
    攻略性:4
    難易度:2
  18. エヴァンゲリオン AT777リルム

    ディスクアップの再来と思うほど甘いです。
    これは打ってて甘いのではなく、運用していて結果赤字になっているという意味です。

    ということで設定1しか使ってません。

    2月下旬のデータで
    出玉率をざっと上げてみます。

    2/22 104%
    2/23 102%
    2/24 106%
    2/25 103%
    2/26 96%
    2/27 103%
    2/28 115%

    オール1で週6赤字とか
    パチンコ業界もついに慈善活動の意思が芽生えたようですな。

    ちなみに最高差枚は3,000枚ですので、
    出玉性能が良いワケではなさそうです。

    リセット確認や、やめ時を誤らなければ負けにくい機種になるかもしれないです。

    続きを読む
    ゲーム性:3
    演出:3
    デザイン:2
    攻略性:4
    難易度:2
  19. ツインドラゴンハナハナリルム

    告知方法(バイブ・バウンド)は賛否が分かれている模様ですが、
    音質・操作性は一番良いと思います。

    設定を使っている側としては、どの設定も波が荒い印象です。
    逆に1・2でも勝てるときは勝てますし
    3くらいあると3~4000枚吐き出すこともザラ。
    5・6はめったに使わないんですが、
    とにかく5が出ない。
    イベント日でも合算1/220とかで捨てられることが多々あります。

    そのあと収束してグラフが上がれば良いのですが、なかなか数字がついてきません。
    当店だけでしょうかね。
    今度ツインだけオール5とかやってみよーかな。どうせそういう時だけしっかり出て台粗-30000円とかになるんだろうな。

    続きを読む


    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:5
    攻略性:5
    難易度:3
  20. ディスクアップリルム

    とにかく甘いというこの台ですが、
    1で放置なら赤字にはならないような印象でしょうか。
    ただ、稼働にもよります。
    当店では、導入当初毎日リセットしていたら毎日赤字になるという事件が発生してました。

    しかもそのうちの1日は設定1で9,800枚でました。
    この日のせいで月間の赤字になってしまいましたが、ここ最近は3,000枚程度がピークで落ち着くようになりました。

    1のリセットで全く利益が取れないので、ムカついて2にしてみたら5,000枚でるという事件も起きました。
    規制の話はどこに行ったんでしょうか。

    個人的にはたまに触る程度ですが、隣に誰かくると舌打ちします。
    どうしてどこの店も並べて入れるのでしょうか。
    うちはしっかり分けましたよ!

    ちなみにビタ押しは枠下青七よりも、中下段に★★にしたら成功率が上がりました。

    続きを読む


    ゲーム性:5
    演出:4
    デザイン:4
    攻略性:4
    難易度:4