キュロゴス2

キュロゴス2
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク324位
機種評価41点
勝ちやすさ75点
難易度初級者向け
導入日2012年11月19日
メーカー山佐
仕様ART
基本情報
ART純増 2.0枚
メダル50枚あたりの回転数 32G
ゲーム数天井 1280G
天井恩恵 ART確定
大当り確率・機械割
設定 ART初当り 出玉率
1 1/321 96.8%
2 1/294 98.6%
3 1/297 100.9%
4 1/256 103.8%
5 1/259 106.9%
6 1/222 111.9%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全2件)

全ての投稿 機種評価
  1. 基本どこのホールもバラでの導入でした。うちのホールも含めてこの機種に高設定を使っていたホールはないと断言できます。

    設定状況:非常に悪かった
    地域:神奈川県
  2. モンキーターンが5号機で最も打ち込んだ台だったんで、それとゲーム性が酷似しているキュロゴス2においてもレビューせねばなるまい。

    しかし、こうして見ると我ながらテーブル方式のART機が大好きなんだなってことに気づく。
    今でもそうだが、スロット本来のボーナスを当てる楽しみを体現しているAタイプにはあまり興味がなくて、出来レース感のあるテーブル方式が好きなんですよね。

    やはり、4号機ストック機世代の私としてそういうわけで、モンキーターンやキュロゴスといった形式の台を崇拝しているわけであります。

    まず、本機のゲームシステムに関しては、モンキーターンを踏襲しつつも、本機ならではの上乗せシステム等が搭載されており、ある程度の差別化というか変化をつけようという意思は感じられた。

    RPG感覚の世界観も好みだし、各ステージで登場するヒロインも可愛い。

    以上のように一見するとかなり自分好みの台に仕上がっていたのだが、打ってみると不思議なほどに面白くない。

    率直にいって、演出が面白くない。
    通常時の前兆演出などをモンキーターンのそれと比べてみればわかるのだが、演出バランスやその信頼度であったり、煽りなどにおいても、完成度が低いんですよね。

    逆にいうと、キュロゴス2を打ってみればモンキーターンがいかに偉大な台かってことが分かります。

    それでもハイエナ機だったので本機はそこそこ打ち込みました。
    一撃2500枚くらいが最高だったけど、ART後128以内のゾーン狙いや、天井狙いなどでかなり安定して勝てた機種です。

    また、RPGのワクワク感を醸し出しているパネルデザインが個人的に好き。

    ちなみに、演出は酷いけど、登場するヒロインが可愛いので+1点。
    各ステージで登場ヒロインが異なるのでその辺は見ていて楽しいです。

    ゲーム性:3
    演出:2
    デザイン:4
    攻略性:4
    難易度:2