緑ドン~キラメキ!炎のオーロラ伝説~

緑ドン~キラメキ!炎のオーロラ伝説~
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク449位
機種評価28点
勝ちやすさ25点
難易度中級者向け
導入日2013年8月5日
メーカーエレコ
仕様ART
基本情報
ART純増 1.7枚
メダル50枚あたりの回転数 31G
ゲーム数天井 1400G
天井恩恵 ART+ビリー+大航海確定
BIG獲得枚数 206枚
REG獲得枚数 54枚
大当り確率・機械割
設定 BIG REG ボーナス合成
1 1/381 1/809 1/249
2 1/376 1/789 1/245
3 1/368 1/753 1/238
4 1/356 1/720 1/230
5 1/344 1/675 1/220
6 1/334 1/601 1/208
設定 ART初当り 出玉率
1 1/549 97.6%
2 1/544 98.4%
3 1/508 102.8%
4 1/458 106.3%
5 1/416 110.4%
6 1/341 115.4%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全2件)

全ての投稿 機種評価
  1. 緑ドンシリーズの続編だがバラエティに入れるホールが多く、ホール側からの期待も低かった。高設定を使ったホールは皆無といって良いだろう。

    設定状況:非常に悪かった
    地域:神奈川県
  2. 赤ドン雅が、北斗世紀末や番長2との同時期のリリースでボコられた後に、ドンちゃん祭を出して全く流行らず、その後登場したのが本機である。

    ドンちゃんシリーズがどうしてもダメなので、大ヒットした緑ドンVIVAにあやかろうと今作は緑ドンシリーズの続編としての登場となった。

    この台は雪国(北極?)が舞台なのだか、真夏の8月に登場したことが当時の私としてはかな~り違和感を感じたのを覚えている。

    そして肝心のゲーム性はというと、目新しさが微塵もなく「こんな台を新台として出す意味があるのか?」と思えるほど酷いできだった。

    いや、酷いというか普通のA+ARTなんだけど、緑ドンの名を汚すような見るべきポイントが何もなかった台といったところだろうか。

    演出は丁寧に作り込まれているんだけど、派手さがなく丸くまとまった印象。
    前作のVIVAの方が全然良かった。

    ゲーム性:2
    演出:2
    デザイン:3
    攻略性:2
    難易度:3