めぞん一刻~あなたに会えて、本当によかった~

めぞん一刻~あなたに会えて、本当によかった~
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク25位
機種評価89点
勝ちやすさ61点
難易度中級者向け
導入日2009年8月24日
メーカーオリンピア
仕様ART

口コミを書いてお小遣いをゲットする!!

この機種を評価する

設定状況を投稿する

画像を投稿する

コメントを書く

ゲーム性出玉システムや遊技全般におけるゲーム性



演出演出バランスや液晶・役物・サウンドのクオリティ



デザイン筐体やパネルデザイン



攻略性スペックの勝ちやすさ・天井やリセット恩恵など



難易度技術介入度や設定判別難易度



※メールアドレスが公開されることはありません

他機種と比較した時の設定状況



地域  ※任意

※メールアドレスが公開されることはありません

高設定確定演出・プレミアム演出・ラブ液晶などを募集中!

写真をアップロード

※メールアドレスが公開されることはありません

※メールアドレスが公開されることはありません

新着コメント (全2件)

全ての投稿 機種評価 設定状況
  1. 当時、ほとんどのお店に5台導入されておりました。
    平時より高設定が存在していた訳ではありません。
    期待度の高いイベント時には必ず高設定が存在しており、
    ひとまわり以上の世代のオジサン達と台の取り合いを繰り広げておりました。

    設定状況:良かった
    地域:福岡県
  2. 昭和ギリギリ生まれの私は世代じゃないんですよ、めぞん一刻は。

    でもね、昭和だろうが平成だろうが次の新しい元号になろうが、
    色褪せない名作の魅力ってきっとあるんだと私は感じています。

    めぞん一刻は、世代とか関係なしに甘酸っぱいノスタルジーを感じさせてくれる作品です。

    そして・・・このめぞん一刻2というパチスロは、
    その魅力を100%打ち手に余すことなく伝えてくれる”作品”でした。

    [ゲーム性]
    純然たる 純ボ+低純増ART で構成されています。
    ボーナス中&後にARTを抽選、ARTは基本50Gを1セットとし、
    シンプルにボーナスとARTを継続しループさせて増やしていきます。

    このART”ドラマチックタイム”は上位が存在し、
    無限ART“ドラマチックタイムSP”、
    無限ART“ウェディングモード”(ボーナス当選後も80%で再無限ART)
    が存在します。

    今思えば非常〜に単調なのですが、多彩な演出で飽きがこない事、
    煽りは多少あっても現在のパチスロのように過剰では無いため長く打ってられました。
    通常ものんびりですがART中も走り出す事なくw通常時と演出に大差は無し。

    オリンピアの台という事で、まぁ出玉の波は荒いです・・・結構深くハマりますし。
    最大天井が1590Gという点でお察しですが、恩恵も素晴らしいのでそこはプラマイゼロ。
    天井にも攻め所があってこの辺は攻略性の所で語ります・・・

    ゲーム性はシンプルながら高い次元で完成されており、良いものと評価致します。

    [演出]
    個人的に最高峰です、非常に良い!!!!
    留美子先生の画風を活かしつつ現代風にリファインされたキャラデザイン、あのノリ。
    特に響子さんはこれ以上無い位メチャクチャ可憐に描かれています。
    歴代シリーズの中で一番好きです。ほんま大好き。
    (これ以降の機種はより80’っぽく、留美子先生風になりました)

    画面は非常に爽やかで色彩表現も優れており、嫌味な点が無いですね。
    のんびりとした響子さんの日常風景や住人のドタバタが繰り広げられます。

    ショートフリーズを伴うエピソード演出(ボーナス+ARTの期待度の高い演出)
    は当時賛否両論(ラストエピソード以外はたまに外れる)ありましたがこれまた最高でした。
    原作の名場面が最上級のアニメーションで再現されます。

    ドラマチック・パチスロと名乗るだけの出来栄えで御座います。
    もうとにかくクッソ泣ける。パチスロに泣かされる。
    当たりとARTが確定する事も相成って色んな汁が出ます。

    そしてボーナス中の響子さんもこれまたメチャクチャ可愛い(しつこい)。

    収録されている曲、SEに至るまでものすごく耳触りが良いです。
    ART中はBGM全開なんですが、これはちょっとうるさかった記憶があります。

    [デザイン]
    非常に良い。
    美麗な全面液晶、淡いピンクのイメージの筐体。
    そして幸せそうな2人がパネルに描かれています・・・
    ゲーム性・演出・筐体のデザインに至るまでコンセプトの一貫性を感じます。

    [攻略性]
    時代背景的に、イベントOKかつ対象機種示唆グレーな時代であり、
    積極的に高設定を追っかけるタイプの台でした。

    精度の高い判別はせず、イベ信頼度・他人の台比較・合算とART突入状況で
    ざっと考えて打っておりました。

    ハイエナ要素も存在します。
    ——————————————————————-
    第一天井510G、第二天井950G、最深天井1590G
    ——————————————————————-
    もし当該G数で落ちてたら、据えの宵越しで狙えるなら・・・って感じです。
    今となってはうろ覚えですが、高確滞在や前兆で色々判別が効いてたはずです。

    出玉はオリンピアらしいメリハリがある波を刻むので、ヒキに左右されます。
    低設定では刺しにくいタイプですのでやや勝ちづらいと評価します。

    [難易度]
    精度の高い設定判別をするのはやや難しいですが、
    体感で高低はわかりますし、ある程度の目押ししか要求されませんので
    難易度は普通と評価します。

    [総評]
    響子さん好きだぁ〜〜!(しつこい)

    1 返信
    ゲーム性:良い
    演出:非常に良い
    デザイン:非常に良い
    攻略性:やや勝ちづらい
    難易度:普通