北斗の拳2ネクストゾーン闘

北斗の拳2ネクストゾーン闘
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク279位
機種評価52点
勝ちやすさ25点
難易度中級者向け
導入日2008年3月3日
メーカーサミー
仕様A+RT
基本情報
RT純増 0.05枚
メダル50枚あたりの回転数 36.6~39.2G
ゲーム数天井 非搭載
天井恩恵 非搭載
BIG獲得枚数 264枚
MID獲得枚数 104枚
大当り確率・機械割
設定 BIG MID ボーナス合成 出玉率
1 1/407 1/799 1/269 98.8%
2 1/387 1/780 1/259 100.8%
3 1/374 1/753 1/250 102.8%
4 1/358 1/712 1/238 105.0%
5 1/343 1/689 1/229 107.2%
6 1/327 1/655 1/218 109.7%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全1件)

  1. 前作(乱世覇王伝)の改版

    ■ゲーム性
    前作とほぼ同様
    いくつかの変更点がある
    改善点
    1.RT中のリプレイ確率が上がり、ベルの払い出し枚数が「9枚」から「13枚」に増えた。
    これにより、RT性能が「微減」から「微増」へ
    2.RT終了の条件の1つで突入後ボーナス間「500G」はまりで強制終了のところが、「3000G」へ変更になりノーボーナスによる強制終了の可能性が低くなった。
    3.機械割の底上げにより低設定域が甘くなった。(設定2から100%超)
    4.BIGの獲得枚数増加

    改悪点
    1.ボーナス確率が重くなった。
    2.RTから転落後のチャンスタイムからのRTへの復帰確率が低くなった。
    3.RT中のボーナス成立時の継続率の昇格率が低くなった。

    前作と全く変わらないゲーム性なので、前作を打ったユーザーは何の違和感もなく打てる。
    改善点、改悪点と両方あるので☆3ですね。

    ■演出
    乱世覇王伝からの使い回し。
    変わった点といえば、RT中の合計獲得枚数が表示される様になったところかな
    そこそこ継続するとART系の機種を打っている気分になる。

    ■デザイン
    乱世覇王伝同様にドーナツ型液晶を採用。
    パネルがラオウからケンシロウに変更。

    ■攻略性
    乱世覇王伝同様に特に無し
    ベル確、ボーナス確率に設定差があるが、そもそも高設定が入らない機種なので、あまり意味がない。

    ■難易度
    乱世覇王伝同様にRT中の目押しの難易度がそこそこある。
    それ以外は中押し手順が分かりやすい。

    ゲーム性:3
    演出:3
    デザイン:4
    攻略性:2
    難易度:3