花の慶次~これより我ら修羅に入る~

花の慶次~これより我ら修羅に入る~
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク397位
機種評価39点
勝ちやすさ25点
難易度中級者向け
導入日2013年11月5日
メーカーニューギン
仕様AT
基本情報
AT純増 2.8枚
メダル50枚あたりの回転数 32G
ゲーム数天井 1400G
天井恩恵 AT(修羅100G)確定
大当り確率・機械割
設定 AT初当り 出玉率
1 1/298 97.0%
2 1/282 99.0%
3 1/269 101.0%
4 1/252 104.0%
5 1/238 107.0%
6 1/205 112.0%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全1件)

  1. ATは鉄拳3rdに似たようなゲーム性で、AT中は高確率で擬似ボーナスの抽選を行っており、いかにボーナスをたくさん引けるかが重要となります。

    ATは戦鬼or修羅の2種類があり、戦鬼は約19分の1、修羅は約10分の1の確率でボーナスの抽選をしているので、当然ながら修羅の方がより多くのボーナスに期待できます。

    擬似ボーナスである「大攻城戦ボーナス」は、1セット34ゲームとなっており、最大で7セットまで継続する可能性があります。

    ボーナス中はレア役で戦鬼or修羅のゲーム数上乗せの抽選を行っている他に、傾奇玉の獲得抽選も行っています。
    傾奇玉はボタンプッシュごとに抽選を行っており、玉を割ることができれば戦鬼or修羅のゲーム数を上乗せします。

    また、ボーナス中に赤7が揃えばボーナスのストックが上乗せされ、さらに天武の極に突入する可能性があります。
    天武の極は80%ループの0G連上乗せとなっており、青7が揃えば戦鬼、赤7が揃えば修羅、BARが揃えた戦鬼と修羅の両方のゲーム数を上乗せします。

    このように、AT自体はそれなりに面白く、安定してボーナスを引ければ1000枚ぐらいはサクッと出てくれるのですが、一方で通常時が結構イライラしやすいゲーム性となっています。

    保留玉システムが上手く噛み合わないことも多く、CZである傾奇ブレイクはなかなかの無理ゲーで、演出バランスは前作と同様に相変わらず悪いです。

    天井も1400ゲームと深く、恩恵として修羅100ゲームが確定しますが、そもそも天井に到達する可能性も低いです。

    総合的な評価としては、中の下ぐらいの評価でしょうか。

    ゲーム性:3
    演出:2
    デザイン:3
    攻略性:2
    難易度:3