押忍!番長2

押忍!番長2
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク85位
機種評価76点
勝ちやすさ50点
難易度上級者向け
導入日2011年10月24日
メーカー大都技研
仕様ART
基本情報
ART純増 2.0枚
メダル50枚あたりの回転数 31.5G
ゲーム数天井 999G
天井恩恵 ART確定
大当り確率・機械割
設定 BIG REG ART初当り 出玉率
1 1/348 1/561 1/588 96.8%
2 1/351 1/523 1/515 97.6%
3 1/334 1/552 1/540 99.9%
4 1/321 1/478 1/414 104.9%
5 1/301 1/523 1/453 109.5%
6 1/275 1/506 1/268 114.1%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全3件)

全ての投稿 機種評価
  1. よくサラ番と比較されることも多いですが、もちろんどちらの機種にもそれぞれ良さや魅力はあると思います。

    サラ番の方はやはり出玉スピードの速さと、頂SRUSHなど特化ゾーンによる大量上乗せを魅力に感じる人が多いでしょう。

    一方で番長2の大きな強みは、ARTの複数ストックに期待できるという点です。1回の7揃いで最大5セットまでストックする可能性があります。

    しかも、サラ番の場合は一度7が揃うとそれ以降はゲーム数上乗せとなりますが、番長2の場合は7を揃えた分だけARTのストックとなります。

    したがって、場合によっては7セットや8セットぐらい継続する可能性があり、これはサラ番にはない大きな利点と言えるでしょう。

    また、ARTが終わってもRT中のレア役で自力で引き戻すこともできますし、終了後の引き戻し確率もサラ番より高くなっています。

    上記の複数ストックも含め、ARTが乗せ無しで駆け抜けても希望を持つことができるのが、番長2の最大の魅力だと考えています。

    ゲーム性:4
    演出:4
    デザイン:4
    攻略性:3
    難易度:3
  2. 出玉性能であったり、ゲーム性などはとても良くできていた。
    また、当時としては迫力のある演出を演出する筐体であったと思う。

    一撃性はあるが、疑似ボーナス即抜けやARTが即終了というケースも多く、出玉の波に乗るのが難しい機械であったイメージが強い。
    そのため、スペック的には勝ちづらい機種といえるが、天井やゾーン狙いで立ち回れば結果が出る機械だった。

    設定狙いも何度かしたが、難しい部類だったように思う。

    ゲーム性:4
    演出:4
    デザイン:4
    攻略性:3
    難易度:4
  3. イベント全盛期にはそこそこ設定が入る機械だった。

    設定状況:良かった