黒ひげ危機一発

黒ひげ危機一発
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク360位
機種評価37点
勝ちやすさ25点
難易度初級者向け
導入日2011年11月21日
メーカー山佐
仕様ART
基本情報
ART純増 2.0枚
メダル50枚あたりの回転数 34.1G
ゲーム数天井 非搭載
天井恩恵 非搭載
大当り確率・機械割
設定 スーパー黒ひげアドベンチャー ART初当り 出玉率
1 1/8,192 1/76 96.2%
2 1/72 98.1%
3 1/69 100.0%
4 1/65 102.0%
5 1/62 104.0%
6 1/58 107.6%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全2件)

  1. ARTゲーム数のダブルアップを目指す、ただそれだけの台です。

    ARTは1セット30ゲームですが、突入時にダブルアップに挑戦することができ、成功するたびにゲーム数が増えていきます。
    60ゲーム→120ゲーム→250ゲーム→500ゲーム→750ゲーム→MAX1000ゲームまで増やすことができます。

    ART中はストックの上乗せ抽選こそありますが、基本的にはただひたすら消化するだけです。

    通常時も周期抽選など色々とありますが、初当たりが軽く設定もあってないようなものなので、こちらも当たるまで無心で打ち続けるだけです。

    つまり、この台はダブルアップに全てが集約されており、そこだけでゲーム性全体の9割以上を占めます。

    ただ、運良く1000ゲームまで成功することができれば、それなりにARTをストックできるでしょうから、そのストックでまたダブルアップチャレンジができるので、驚異的なエスパーを発揮すれば5千枚や万枚も出せるかもしれません。

    恐らく大多数のホールがベタピン放置だったと思いますし、仮に高設定でもダブルアップに成功できなければお話にならないので、トータルで見れば勝てる機種とは言い難いです。

    ゲーム性:3
    演出:2
    デザイン:2
    攻略性:2
    難易度:2
    • ちなみにダブルアップチャレンジに関しては、押し順ベル成立時は純粋に二択当てとなりますが、リプレイ(もしくはレア役)成立時はレバーオン時に成功か失敗かの抽選を行います。

      レバーオンでの抽選は、500ゲームまでは成功率50%となっていますが、750ゲームは約66%、1000ゲームは約83%の確率で成功します。

      したがって500ゲームまで成功すれば、そこから先は押し順ベルよりもリプレイorレア役を引けるかが重要となります。