CR南国麻雀M

CR南国麻雀M
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク7位
機種評価96点
勝ちやすさ75点
難易度中級者向け
導入日2011年10月17日
メーカー奥村
仕様ST

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体や盤面デザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全1件)

  1. 今は亡き奥村のオリジナルコンテンツ『華牌』シリーズのスピンオフ。今ではコンプラ的にNGな破天荒演出が懐かしく思い出されます。
    しかしこの台の真骨頂はバカ演出ではなく保留変化にあり。今でこそプレーヤーに一個でも多く打ち出させるために、先読み段階で白or青(ハイハイ)→当該保留SU毎に緑or赤→ハズレ(ハイワロ)の流れが常識ですが、この南国麻雀では、ヘソに玉が入った時点で蝶(約40%)だのハイビスカス(当確)だのが点灯!ST連確定時は画面左側に激熱保留がズラリ並ぶなど、今では考えられない光景でした。
    一方時短中(ST中ではない)は保留がほとんど変化しないという特徴があり、恐らくですが、赤が出れば当確、赤2個で保留連確定でした。いつからパチンコの赤保留は空気になったんだっけ・・・と遠い目。他社の手に渡った次回作がいろいろ楽しみです。

    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:3
    攻略性:4
    難易度:3