北斗の拳2ネクストゾーン将

北斗の拳2ネクストゾーン将
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク157位
機種評価69点
勝ちやすさ75点
難易度上級者向け
導入日2008年3月3日
メーカーサミー
仕様A+RT
基本情報
RT純増 0.05枚
メダル50枚あたりの回転数 36.0~38.1G
ゲーム数天井 BIG後:999G
MID後:666G
天井恩恵 次回ボーナスまでのRT確定
BIG獲得枚数 312枚
MID獲得枚数 110枚
大当り確率・機械割
設定 BIG MID ボーナス合成 出玉率
1 1/290 1/524 1/186 96.4%
2 1/282 1/461 1/175 98.4%
3 1/276 1/414 1/165 100.4%
4 1/268 1/348 1/151 103.1%
5 1/251 1/354 1/146 107.1%
6 1/235 1/288 1/129 113.1%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全2件)

  1. パチスロ 北斗の拳シリーズ初のノーマルタイプ。

    ■ゲーム性
    BIG:最大312枚
    MID:最大116枚(技術介入要素あり)
    ハズレを含む、全役でボーナス抽選をしているため、ボーナス確率は比較的軽め。
    次回ボーナスまで継続するRTが搭載されているが、「北斗揃いBIG後」又は「天井(BIG後999G、MID後777G)」でのみ突入のおまけ要素での搭載。
    性能は「現状維持」。
    BIG連打が爽快で気持ちいい。

    ■演出
    乱世覇王伝、ネクストゾーン闘の両方の演出の使い回し。
    BIG中のみ新しいアニメーションが搭載。
    所謂、演出による設定推測要素がないので、ただただ消化している感は否めない。

    ■デザイン
    乱世覇王伝、ネクストゾーン闘と同様でドーナツ型液晶を採用。
    パネルは南斗最後の将「ユリア」が描かれている。
    2種類あり、それぞれ赤と白を基調としているので、いかにも「ユリア」という印象を受けます。

    ■攻略性
    小役確率、MIDボーナス確率、RT中に引いたBIG入賞時オーラの色等、設定推測要素は豊富。
    高設定投入率もそれなりにあった。
    順押し、中押し、逆押しとどこから打っても楽しめるという正にノーマルタイプの王道

    ■難易度
    中上級者向け。
    MIDボーナス中の技術介入要素の難易度がそこそこ高いですね。
    こちらはボーナス終了まで何度でも挑戦可能。

    ゲーム性:4
    演出:3
    デザイン:4
    攻略性:4
    難易度:3
  2. Aタイプ初の北斗の拳
    更に主人公はラオウとお馬さん

    敵も演出上明らかにラオウの格下の方々が
    なんとかラオウの猛攻を凌ぐという形で終了になるという
    バトル物なのに負けてばかりにならない清々しい台です

    ただ気持ちが悪い演出が一つありまして
    前作の主人公とのバトル演出があるのですが
    その演出でのラオウ様が弱いこと弱いこと( ´Д`)=3

    この頃はまだボーナス優先制御だったため
    出目なんかもイマイチの台は多々あったのですが
    みんな大好き中押し打法で打てば
    出目もそれなりで楽しめました

    私は確か逆押しで消化していたんですが
    何をどう押していたかはもう忘れました

    ゲーム性:4
    演出:4
    デザイン:3
    攻略性:4
    難易度:4