新鬼武者

新鬼武者
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク16位
機種評価97点
勝ちやすさ42点
難易度中級者向け
導入日2010年3月23日
メーカーロデオ
仕様ART
基本情報
ART純増 1.4枚
メダル50枚あたりの回転数 30.6~32G
ゲーム数天井 1400G
天井恩恵 89%継続ART確定
BIG獲得枚数 204枚
REG獲得枚数 60枚
大当り確率・機械割
設定 BIG REG ボーナス合成 出玉率
1 1/394 1/789 1/236 96.0%
2 1/368 1/736 1/245 98.5%
3 1/381 1/762 1/254 100.1%
4 1/368 1/736 1/245 104.2%
5 1/381 1/762 1/254 109.2%
6 1/344 1/689 1/230 114.1%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全3件)

  1. ARTの可能性を広げた人気機種。
    上乗せ300が直乗せ、後乗せできたときは皆興奮したはず。
    また、鬼武者のゲームの世界観の再現が忠実にされていて、その点もグッド。
    イベント全盛期にも良く使われていた機種だが設定6の荒れ方が凄く、全台系でも負けてる台を良く見た。

    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:3
    攻略性:3
    難易度:2
  2. この台の最高設定はずばり3です。
    なぜなら奇数設定は上乗せ性能が高く、なおかつ低設定は高継続のARTが選択されやすいので、ARTにさえ入れば設定3が1番爆発する可能性があります。

    ちなみに設定6はARTには入りやすいものの、上乗せ性能が低く最低継続率が選ばれやすいので、そこまで爆発することは少なかったです。

    だからこそホールとしても設定6を気軽に入れることができ、現にこの台が現役で稼働していた頃は設定6もかなり多く使われていました。

    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:5
    攻略性:3
    難易度:3
  3. 個人的には、5号機時代を変えるきっかけとなった1台だと思っている。
    この当時、比較的マイルド仕様の機種が多い中、本機:鬼武者は、「上乗せ性能が高いART・ボーナスが搭載」され一撃性が高い機種であった。
    その出玉性能が圧倒的支持を受け、確か販売台数も10万台に迫る勢いだったと記憶している。

    ■ゲーム性
    ゲーム性に関しては、ボーナスとARTで出玉を増やす!今では一般的な「A+ART」タイプ。
    純増枚数は1.4枚程度であったが、ボーナスも絡める事で瞬発性も高く、当時の機械の中では破壊力抜群!!
    その魅力あるスペックから、私個人「5号機」で一番やり込んだ機種でもあります。

    肝心のART性能だが、基本50G+数段階の継続率で管理されていた為、「上乗せ+継続」により、常に期待感が持てた。
    上乗せは最大300Gで、継続率は50%~89%の何れかに振り分けられる。
    尚、最大継続の89%はフリーズであったり、天井到達時(1,400G)のレア役入賞が突入契機となっていたため、天井恩恵も当時では破格の性能を有していた。

    ■演出面
    演出面に関しても、当時の機種と比較してもハイクオリティだった事は間違いない。
    通常時の予告であったり、ART中の演出は鬼武者の世界観を上手く表現しており、良い意味でシンプルかつカッコよさがあったかと…
    個人的には、収録曲の「Startin’」が何とも言えない味を出しており、それを聞きたいがためにパチ屋に通う事も多々あったw

    ■攻略性
    スペックの勝ちやすさに関しては、荒波仕様であり勝ちやすいとは言えなかった。
    しかし、低設定でも【高継続ART】若しくは、上乗せで何とでもなってしまうので、ヒキ次第ってところでしょうか…
    高設定に関しては、ART突入が優遇されてる分、継続率が低いとマイルドな仕様!!
    大きい上乗せが無い限り、大きい赤字になることも少なく、設定⑥の投入比率も高かった。

    ■難易度
    判別難易度は比較的高かった事と記憶している。
    正直、かなり前の機種なので数値までは覚えていないが…覚えてる範囲で記述します。

    【偶数/奇数の判別】
    通常時の「強チェリー」からのART当選率は、偶数が優遇されており、奇数の約2倍と高かったかと。
    大体、通常時の強チェリーで偶数設定なら20%くらい!?奇数設定なら10%未満と比較的に差が広かったと思う。
    その為、偶数/奇数の判断は比較的早い段階で推測できたと思う。
    ※設定⑥は、約40%と破格の数値だったと思う。

    【小役確率】
    数値は全く覚えておりませんが、「中段ベルの確率」には大きい設定差があったかと!?
    設定⑥で約1/70程度だった記憶は多少ありますが、それ以外の設定は全く覚えておりません(苦笑)

    ■当時の設定状況
    自店では、約10台ほどの設置数だったかと…
    当時の実績までは覚えていないが、エウレカ・蒼天より稼働と粗利は優秀だったことは覚えている。
    設定に関しては、通常営業は基本設定①だが、設定狙いのユーザーも多く偶数設定(設定②メイン)も3割程度使用していたと思う。
    イベント時の配分に関しては、偶数多めのALL設定営業を中長期実施していた記憶がある。

    以上!!
    懐かしい機械が目に留まったので、投稿させていただきました。

    1 返信
    ゲーム性:5
    演出:5
    デザイン:3
    攻略性:2
    難易度:4