北斗の拳 強敵

北斗の拳 強敵
現役稼働機種ランク 現在稼働しておりません
歴代機種ランク172位
機種評価65点
勝ちやすさ42点
難易度中級者向け
導入日2015年9月7日
メーカーサミー
仕様AT
基本情報
AT純増 2.8枚
メダル50枚あたりの回転数 44G
ゲーム数天井 1600G
天井恩恵 AT確定
大当り確率・機械割
設定 AT初当たり 出玉率
1 1/433 97.6%
2 1/412 98.7%
3 1/386 101.4%
4 1/361 103.4%
5 1/326 107.2%
6 1/292 113.1%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全3件)

  1. 高ベースAT機の中ではかなり長く稼働した機種で、ATのゲーム性も初代や北斗Fを継承しつつ新しい要素も取り入れられているので、そこはなかなか良かったと思います。

    ただ、高ベースなので仕方がないことではありますが、通常時がとにかく辛いです。
    レア役も全体的に重いので中チェが1000ゲーム以上来ないこともありますし、天井も1600ゲームと深いにも関わらず恩恵もないので立ち回りもしづらいです。

    それと、AT中の中チェスルー、演出バランスの悪さ、CZの煽りで無駄に引っ張られるなど、イライラ要素が多かったのも大きなマイナスでした。

    ゲーム性:4
    演出:2
    デザイン:3
    攻略性:2
    難易度:2
  2. 旧基準5号機で最後に出た北斗となります。当時は新基準新基準と言われてましたが、わずか3年足らずで撤去されてますので、旧基準ですね。
    転生ほどの結果は残せませんでしたが、その後の北斗シリーズに比べれば十分稼働しました。
    システムは完全に王道の北斗で、コイン持ちも良いため、運が良ければ2〜3000円で中段チェリーを引いて当たることもありました。
    AT中も良く出来ていて、上乗せバトルでリュウガに勝つと100枚以上とか(ナビ無しが激熱)継続バトルの技の種類によって枚数が変わったり、セリフの種類で継続期待度の示唆も良い味がありました。
    ただ、新伝説創造とは違いストックなどの安心要素が無いため、とにかく伸ばしにくかったですね(最高一撃2500枚くらいでした)
    通常時は散歩してるだけですが、ランプ矛盾も出やすかったので、そこまで退屈はしなかったし、たまに来るチャンスゾーンも良いスパイスになっていました。
    天井は1600ゲームと馬鹿深いですが、ATレベルの優遇があったのではないかと個人的に思ってます(天井に10回弱行ってますが単発は一度もありませんでした)
    もはや台が天に召されているため、確認しようがありませんが今でも気になります。
    目押しはそこまで簡単ではありませんが、こぼしても1枚なのでほとんど損はないですね。

    ゲーム性:5
    演出:4
    デザイン:2
    攻略性:3
    難易度:3
  3. ベースを下げて天井を999Gにしたら絶対流行ったと思います。

    回る分、とにかく重いレア役と初当たり。むしろATより重いのではないかと思ってしまうCZ。原作は好きですしシステムもシンプルなので良い、純増速いのですが非常に残念に思ってしまう台です。たびたびケンシロウと1600Gのお散歩タイムになってしまう。

    6号機に期待したいところです。

    ゲーム性:3
    演出:4
    デザイン:3
    攻略性:3
    難易度:3