CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃

CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃
現役稼働機種ランク 25位
歴代機種ランク36位
機種評価76点
勝ちやすさ50点
難易度中級者向け
導入日2018年8月7日
メーカーニューギン
仕様確変転落タイプ
基本情報
大当り確率(確変時) 1/319.7(1/145.3)
確変突入率 55%
転落確率 1/270.8
電サポ回数 100or100+α回
賞球 4&1&3&15
アタッカー 10カウント
ラウンド振り分け
ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ 払出 振分
6R確変 100+α回 900個 55%
6R通常 100回 900個 45%
電チュー入賞時
ラウンド 電サポ 払出 振分
16R確変 100+α回 2400個 100%

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体や盤面デザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全5件)

全ての投稿 機種評価
  1. 大阪府のイルサローネで打つと釘は終わってるし、確変にすら入らない。単発のあらし。毎回、深いハマりになる。やっと入った確変も100転落ち。店が悪いのかメーカーの発表スペックが嘘なのかわからないが、ほんにクソ台だと確信している。

    1 返信
    ゲーム性:1
    演出:1
    デザイン:1
    攻略性:1
    難易度:1
    この投稿の評価は著しく信憑性に欠けるため無効としました
  2. ストーリー性がいい。騒ぎまくる台が多すぎる。画面も綺麗。キチガイ騒ぎが少ない。但し, 転落がきつい! 勝てない台のひとつ。大変好きだが, むずかしい台。客が減る
    のは必然だが, がんばって欲しい!

    ゲーム性:3
    演出:4
    デザイン:5
    攻略性:2
    難易度:2
  3. 入れ替え初日(増台)

    21.9回/k(1174回/13375個、実戦7時間) 27.5個交換

    平均出玉:4841個*

    北斗無双に次ぐ看板として育成すべく各店で絶賛増台中。新たな軍団御用達台となりつつあります。 
    16Rにたどり着くまでが少々遠い気もしますが、ツボに入れば2300個のループで凄まじい出玉!4連で1万発到達は、北斗無双の後継として育成するには最適な台。
    演出に関しては、もう飽きた、、、という声も聞こえますが、個人的にはニューギンさんの慶次というコンテンツに対する並々ならぬ思い入れが感じられる台だと思います。単純にバトルの勝敗を当落に結び付けるという演出には限界があり、シリーズを重ねるほど飽きがきますが、人間ドラマを描く原作の良さをSPリーチ、大当たり中のストーリー紹介等で最大限に引き出しています。原作を読んだ人はもとより、未読の人も一度読んでみたいと思わせる作りであり、その姿勢は2007年の「雲の彼方に」からブレることなく貫かれています。
    上記程度の回転にして頂ければ自分のようなパチンカスが喜んでサクラ(自生)になるのですが。

    * 時短中の引き戻しを含む初当たりごとの平均。業界用語で言うTYに相当。
    計算式は以下。
    =(ヘソ平均出玉)+(電チュー平均出玉)x(平均連荘数-1)+(電チュー平均出玉x平均連荘数)x(通常状態で平均時短中に当たった場合の平均連荘数-1)

    2 返信
    ゲーム性:4
    演出:5
    デザイン:4
    攻略性:4
    難易度:3
  4. 昨年末で競合店が増台していた機種です。
    コンサルが常駐している店舗なので、間違いなくコンサルからの助言でしょう…
    年明け一発目の入替で、他店も増台が始まったようなので試打して参りました。
    本日は、そのレポートを投稿させていただきます。

    ■増台した店舗の調整
    まず、こちら交換率に関しては、3.57円で割数は11.2割営業の店舗がほとんどになります。
    調整に関しては以下の通り。

    A店(10台設置):S5.0/千円:17.8回
    B店(7台設置):S4.6/千円:16.0回

    あくまでも上記は、私の試打した体感です。
    各店1万円ほど、試打して参りました。
    まぁ結果は置いといて…
    客付に関しては、年始の影響も加担しているのか、両店50%は稼働している印象で悪くはないのかと!?

    そして肝心の調整ですが…
    上記のデータを元に出率を算出すると、A店の調整で出率:約100%くらいで、B店が出率:約93%くらいになります。
    玉利換算で表すと、0.12~0.45くらい。
    正直、この調整でも【漆黒】に関しては回している方です(苦笑)
    あの台ホントに甘くて取れませんからねw
    ちなみに自店では、S4.4/千円:15.0回の調整で理論上の玉利は0.56となりますが、先月は赤字でした。
    粗利が取れない訳ではないのですが、瞬間的に差玉が出るので稼働が無いとかなり取りずらい機種です。
    そして近隣地域では、自店同様の調整が多く、3.33円/12割営業の店舗でも、大体同じような調整であった。

    ■漆黒の出玉性能について
    次にどのくらいの出玉性能を有しているか!?
    簡単に説明させて頂きます。
    尚、比較対象が無いと分かりにくいと思いましたので、【CR真北斗無双FWN】との簡単な比較からご紹介いたします。

    【CR真北斗無双FWN】
    10,000OVER率:約70%
    15,000OVER率:約50%
    20,000OVER率:約35%
    25,000OVER率:約25%

    【CR真・花の慶次2L10-VH】
    10,000OVER率:約65%
    15,000OVER率:約45%
    20,000OVER率:約30%
    25,000OVER率:約20%

    ご覧の通り、あの北斗無双に引けを取らない出玉性能を有しております。
    尚、上記はHCデータを参考にさせて頂きました。

    私の見立てですと、コンサルが差別化を図る目的でこの機種の増台を提唱しているのではないか?と推測しています。
    確かに、北斗無双並みの出玉性能は希少です。
    しかし、機械自体は悪くはないと思いますが、果たしてお客様が居座るかどうか?と考えれば難しいように思います。
    決して、長時間遊技する機種ではありませんしね(苦笑)
    増台するくらいなので、当面は我慢して薄利運用するのでしょうが、将来的には固定客がつくような機械ではないと思うので、自店同様水準のS4.4/千円:15.0回くらいが主流になると覆います。
    それに、中古も品薄で約35万程度の値が付いているので、売却して何かに差替えを検討したホールは、早期に薄利営業も断念する事でしょう…

    1 返信
    釘・設定状況:悪い
  5. 出玉特化スペックから一定の支持とファンは要るようだが、調整はどこも極悪!!

    スタートは体感的に4回前半で、自店の運用は4.5回(千円:約15回)と厳しいが粗利は平均以下と取れていない。

    この調整で稼働があるということは、それだけユーザーは一撃性に拘っているということだと思う。
    間口の広さより、一撃性の需要があるのなら、そこを差別化するホールは強いのではないだろうか!?

    自店の店長へも提案したが…あえなく却下(苦笑)
    個人的にもよく打つ機械ですが、調整には期待していない。。。

    1 返信
    釘・設定状況:悪い
    地域:福島県