Pスーパー戦隊S

Pスーパー戦隊S
前評判50点
導入日2019年4月15日
メーカーSANKYO
仕様V-ST
基本情報
大当り確率(高確率) 設定1:1/199.8(1/76.2)
設定2:1/196.2(1/74.8)
設定3:1/191.6(1/73.1)
設定4:1/185.7(1/70.8)
設定5:1/180.0(1/68.7)
設定6:1/175.2(1/66.8)
確変突入率 50%
ST回数 120回
電サポ回数 100 or 120回
ラウンド 4 or 6 or 8 or 10R
大当り出玉 440 or 660 or 880 or 1100個
賞球 4&1&4&2&11/10C

特色

日本を代表する特撮ヒーローシリーズとのタイアップとなる本機。
ゴレンジャーやライブマン、ゴーゴーファイブなどの9戦隊が夢の共演!

スペックは6段階設定付きのV確ST。

初回大当り中に殲滅演出成功でSTに突入。
電サポ中は選んだ戦隊によって演出が異なる6つのモードを搭載。
電サポ中の大当りは全て確変となっており、実質継続率は約79.5%~83.6%にも!

設定示唆演出も多数搭載!?

ラウンド振り分け
ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ 払出 振分
4R確変 120回 440個 50%
4R通常 100回 440個 50%
電チュー入賞時
ラウンド 電サポ 払出 振分
10R確変 120回 1100個 40%
8R確変 120回 880個 4%
6R確変 120回 660個 16%
4R確変 120回 440個 40%
ゲームフロー

基本的なゲーム性

初当り時の7図柄揃いでST120回となる「SUPER戦隊RUSH」に直行!

その他の図柄揃いは殲滅ボーナス中の演出成功でST突入。
失敗しても時短100回転の「SUPER戦隊RUSH(内部的には低確率)」に移行。

戦隊集結システム

Pスーパー戦隊Sの特徴の一つが、カードを5枚集めて戦隊を集結させる戦隊集結システム。
カードの獲得タイミングは予告やリーチなど、あらゆるタイミングで獲得可能。

集めた戦隊は液晶右側にストックされ、最大5戦隊までストック可能。

カード5枚の集結パターンは「緑・黄・赤・青・ピンク」といった戦隊シリーズお馴染みカラーの基本パターン以外にも、
5枚全て同色パターンや、怪人パターン、大チャンスとなるレアカードなども存在!

SUPER戦隊RUSH

SUPER戦隊RUSH中は6つのモードから演出を選択可能。
好きな戦隊で大当りを目指せ!

RUSH中のモード変更も可能で、後半は専用モードとなる「悪の巨頭クロウマクス」が出現。

選べる6つの演出モード

  • 超獣戦隊ライブマン
    • オープンタイプのカードバトルモード

    • 忍者戦隊カクレンジャー
    • シークレットタイプのカードバトルモード

    • 救急戦隊ゴーゴーファイブ
    • スタンダードタイプのカードバトルモード

    • 電子戦隊デンジマン
    • 一発告知モード

    • 超電子バイオマン
    • ボタンストックモード

    • 恐竜戦隊ジュウレンジャー
    • Vコントローラーモード

    演出情報

    予告演出

    調査中

    リーチ演出

    調査中

    右打ち中の演出

    調査中

    その他の演出

    調査中

    攻略情報

    ボーダーライン

    算出条件:6時間遊技・1000円あたりの回転数(1パチの場合は200円)

    4円パチンコ

    調査中

    1円パチンコ

    調査中

    技術介入

    調査中

    PV・動画

    PV

    実践動画

    調査中

    この機種を打ってみたいですか?





    メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
    ポイントの詳細についてはこちら

    この機種を打ってみたいですか?

    新着コメント (全2件)

    1. 時短100貰えるので遊べるパチンコという印象です。
      正直版権とかスペックからして設定にはまず期待できそうにないと思うのですが低設定でも当たればなんとか遊べる台となっております。確変入らなくても最後まで楽しめます。
      版権からして中年層狙いですかね?

      前評判:打ってみてもよい
    2. 平均TYはライトミドルとして平均的な数値となってますし、初当りで通常ひいても時短100回が付きますし、RUSH中の10Rが40%等、全体的なバランスは遊びやすくて良いと思います。
      戦隊ものを時代ごとにピックアップし選べるなど、工夫は見られますが、それでも版権自体が弱い印象です。
      悪くは無いのだが、パンチが足りない。
      孫や子供と一緒に観る世代もいるので、ここ数年の戦隊もピックアップすれば良かったのに。

      前評判:打ってみてもよい