押忍!番長A

押忍!番長A
現役稼働機種ランク 141位
歴代機種ランク193位
機種評価52点
勝ちやすさ65点
難易度中級者向け
導入日2018年4月2日
メーカー大都技研
仕様A+RT
基本情報
RT純増 約0.2枚/G
メダル50枚あたりの回転数 約33~35G
天井 非搭載
青7BIG獲得枚数 最大304枚
BIG獲得枚数 最大260枚
REG獲得枚数 最大106枚
大当り確率・機械割
設定 BB合成 RB合成 ボーナス合成 出玉率
(攻略時)
1 1/273.1 1/331.0 1/149.6 100.7%
2 1/273.1 1/136.5 103.2%
5 1/237.4 1/331.0 1/138.3 107.2%
6 1/240.9 1/240.9 1/120.5 111.8%
投稿画像ランキング(画像をクリックで拡大)
1位0

この機種を評価する

ゲーム性(遊技全般におけるシステム) 悪い 良い
演出(液晶や出目演出・BGMやサウンド) 悪い 良い
デザイン(筐体やパネルデザイン) 悪い 良い
攻略性(勝てる要素はあるか?) 低い 高い
難易度(遊技性の難しさ) 低い 高い

メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

写真をアップロード

この機種を評価する

新着コメント (全6件)

  1. Aタイプの機種の中で1、2位を争うほど好きな機種です。
    基本的には演出でボーナスの当選告知がありますがリーチ目が突如降臨するパターンもあります。
    今でこそ番長=ART機というイメージですが初代番長はそもそもAタイプだったので、その部分も継承されており◎
    チャンスチェリーの出目が美しい

    【ゲーム性】
    青7BIG 最大304枚獲得+RT50G
    その他BIG 最大260枚獲得+RT20G
    REG 最大106枚獲得

    A +RT機で番長シリーズお馴染みの青7も搭載。
    これもお馴染みの特訓演出中はプチRT状態となりボーナス察知→タネなしというようなパターンが起こらないように工夫されています。それにより期待感を持って遊戯できます。
    基本的にはチャンス目or一枚役からの当選が多いですが、単独(リプ重複)、弁当同時当選、チェリー同時当選など当選フラグが多い点も飽きさせないです。
    ただし、RTが大体20Gとさすがに短くあってないような感じなのが残念なため星4です。

    【演出】
    演出成功でのボーナス告知のみならず、リーチ目でも告知されることがある点は非常にバランスが取れており打っていてビックリします。
    また演出にも法則性があり、普段なにげないよく発生する演出でも突如チャンス目や一枚役が成立してボーナス確定といった法則崩れが個人的に気持ちいいです。
    (期待度80%超ですがステチェン襖→チャンス目成立など)

    そしてRT中が個人的に面白さの塊です!
    短いのは残念ですが歴代番長の轟ボーナス、ART中、AT中の演出が楽しめチャンス目=鉄板となります。
    通常時とはまったく異なる演出、法則で即当選告知をしてくれるので本当に飽きません。
    あとはBGMも種類が多くテンションが上がります!!

    【デザイン】
    番長3筐体でMAXベットや停止ボタンも押しやすく、メダル投入がしやすい点が◎
    赤を基調としたデザインもいかにも番長らしくいいと思います。

    【攻略性】
    設定1でも完全攻略機械割100%で奇偶の判別がデータカウンターからある程度読み取れる点がとにかく高評価です。
    例えば、最高設定が設定5のホールで利益をとりすぎないよう設定2ベースにしていたりすると、BB寄りな奇数挙動の台というだけで夕方から攻めるサラリーマン層には重宝します。もちろん設定1or2の可能性も充分ありますが、それでも甘めの機種なので痛い目を見づらいかなと思います。
    ちなみにデータカウンターの合算はリプ連により実際より悪くなりがちなため、合算だけで判断するお客さんも夕方から攻めなく競争率が低めです。(あくまで私の地域ではですが)

    【難易度】
    BB、RBともに枚数に影響する技術介入要素あり、ボーナス察知は要ビタ押し、通常時は8枚チェリーと一枚役のフォローが必要と、やることは多く決して簡単とは言えないと思います。

    ゲーム性:4
    演出:5
    デザイン:4
    攻略性:5
    難易度:4
  2. 正直かなりキツイ台だと思います。
    まず体感ですが低設定でもやたらレギュラー先行してる台をよく見かけます。
    演出自体も打たされている感がすごくAタイプとしてみた場合オススメはできないです。
    昔は設定も入ってたみたいですが、最近は1か2を据え置いており素直にジャグラー打ったほうがベターと思います。

    ゲーム性:1
    演出:2
    デザイン:2
    攻略性:2
    難易度:1
  3. 巷では評価が低い台ですが、個人的には凄く甘い台です。
    設定2と5を沢山打ちましたが、大幅プラスになりました。
    設定2は判別で2が分かってプラスになった段階でヤメ、5は打ち切り。
    判別もそこまで高難易度ではなく、打ち切りで示唆が出なかったことは一度もありません。(捨てた台はあったかもしれませんが)
    類似台としてクレア3の設定5が104%なのに比べて、これは107%あります。
    上がしっかり上っぽくちゃんと出てくれる台という印象です。

    評価の分かれる点としては、ボーナス最速察知手順と小役の奪取を行えるかどうかです。
    どうも隣で打ってるお客さんを見るとボナ察知が面倒らしく、それで大幅に損してますね。
    覚えれば中押しの難しくはない方法で、2G以内で揃えられます。
    一回揃えられないと3枚損、5回揃えられるタイミングがあると15枚。ボナ60回分あると下手したら900枚近くになります。
    個人的にはちょっと調べるだけで大幅に“損”を軽減できる台だと思っていました。

    大都ですから、演出は間違いなく面白いです。
    熱い演出に対してメリハリもあり、打っていて飽きません。
    逆にどんな熱い演出が来ても察知して入ってないことが分かって白けることもありますが…。
    問題としては設定差のないところのヒキに大きく左右されるところでしょうか。
    5.9の台はどれもそうですが。

    残念ながら不人気の為、現状は1放置で打てなくなりました。

    ゲーム性:4
    演出:5
    デザイン:3
    攻略性:5
    難易度:3
  4. ゲーム性は、番長のAタイプ、ということで期待度が高すぎたのか、正直な所あまり楽しめませんでした。とりあえず差のつく要素を入れとこう、と入れた枠フラッシュ時の特殊役がバランスを悪くしたと思います。

    演出は、爆裂機の番長をベースにしていて良く出来ていると一見思うのですが、何といいますか、ノーマルAタイプには合っていないように思います。標準評価止まりです。

    パネルデザインは、Aタイプとはっきりわかる点は評価出来ますが、プラス出来る程ではないので、標準評価します。

    攻略性は、本来は高いように思いますが、とにかくわかりにくく、わかっても狙うのがかなり面倒な枠フラッシュ時の特殊役が足を引っ張っていると思います、残念ながらマイナス評価します。

    難易度は、これまたとりかく取りにくい特殊役が足を引っ張っていると思います。そのため、回すペースを上げることが難しく、結果として高難度の台になっていると思います。

    あの変な特殊役がなければ…と個人的には強く思った台です。

    ゲーム性:2
    演出:3
    デザイン:3
    攻略性:2
    難易度:4
  5. だからどうしたというレベルで設定2以上が確定する状況は多い。

    ちょこちょこ入るRTのおかげで通常時のコイン持ちも上がるし、約1/90のチャンス目さえ引けばボーナスが当たりそうなゲーム性は良いけど、もうちょっとBIG偏向型にするべき。20GのRTでは連チャンが楽しめる気もしない。

    通常時の打ち方も、リール枠フラッシュが分かりづらくて非常によろしくない。ボナ判別もいろいろ試したけどつまらない。REG中の打ち方もしっかり推測しようと思えば面倒すぎる。

    一日ちゃんと打てる人を尊敬する台。

    ゲーム性:2
    演出:3
    デザイン:2
    攻略性:4
    難易度:4