マッハGoGoGo

マッハGoGoGo
現役稼働機種ランク 300位
歴代機種ランク300位
前評判25点
機種評価28点
勝ちやすさ0点
難易度上級者向け
導入日2018年12月3日
メーカー七匠
仕様A+RT
基本情報
RT性能 現状維持
メダル50枚あたりの回転数 約44G
天井ゲーム数 非搭載
SBB獲得枚数 最大400枚
BB獲得枚数 最大257枚
RB獲得枚数 最大65枚
大当り確率・機械割
設定 BB合算 RB ボナ合算 出玉率
1 1/343 1/426 1/190 97.8%
3 1/329 1/420 1/185 99.6%
6 1/293 1/338 1/157 108.0%
Go 1/314 1/271 1/145 108.0%

口コミを書いてお小遣いをゲットする!!

この機種を評価する

設定状況を投稿する

画像を投稿する

コメントを書く

ゲーム性出玉システムや遊技全般におけるゲーム性



演出演出バランスや液晶・役物・サウンドのクオリティ



デザイン筐体やパネルデザイン



攻略性スペックの勝ちやすさ・天井やリセット恩恵など



難易度技術介入度や設定判別難易度



※メールアドレスが公開されることはありません

他機種と比較した時の設定状況



地域  ※任意

※メールアドレスが公開されることはありません

高設定確定演出・プレミアム演出・ラブ液晶などを募集中!

写真をアップロード

※メールアドレスが公開されることはありません

※メールアドレスが公開されることはありません

新着コメント (全7件)

  1. 導入からしばらく経ちましたが自店では非常に甘く動いてます。

    1週目(全設定使用)
    平均アウト22000
    コイン粗利-1.37

    2週目(全台1)
    平均アウト18500
    コイン粗利0.08

    3週目(全台1)
    平均アウト18000
    コイン粗利-1.08

    倍の台数入れれたくらいもう赤いです。
    年明けに撤去予定です…

    設定状況:非常に悪い
    地域:神奈川県
  2. 過去、アリスト時代に良く打っていたコンテンツ。
    今回は、七匠から5.9号機のA+RT機として登場した!

    ■ゲーム性
    本機は「A+RT」なので、基本ボーナスで出玉を増やす仕様。
    特にSBBの400枚獲得以外、スペックで尖ったところはないかと…
    ボーナス確率は、基本情報として掲載されていたので、RT性能と突入率を簡単に記述しておきますw

    【RT性能】
    RT性能としては、現状維持程度の純増(0.1枚程度)となっており、55G固定となっている。
    RT突入契機としては、ボーナス終了後突入する「CZ」成功時!

    【RT期待度】
    こちらは各種ボーナスによって期待度が変化する(BB後の期待度に、設定差あり)
    簡単に期待度を記述しておきます。
    ・SBB:約55%
    ・BB:約15%~55%(設定GOのみ55%、他15%)
    ・RB:約55%

    尚、CZである「GoGoCHALLENGE」は、5G間継続する。

    ■演出面
    演出に関しては、基本的に右リール液晶部の演出が中心。
    正直、試打して思ったが…単調で飽きるw
    一応、演出に関しても設定差のあるものが存在するので記述致します。

    【ショートフリーズ確率】
    設定①:1/458.3
    設定③:1/293.9
    設定⑥:1/381.0
    設定GO:1/146.0

    ご覧の通り、設定GOの出現率が極端に高い!!
    尚、このショートフリーズによる、ボーナス期待度は55%とのこと。

    ■デザイン
    デザインに関しては、可もなく不可もなくですが、普通に液晶搭載したほうが、良かったんじゃないかな!?

    ■攻略性
    この機械、4段階設定で簡単な話し①or⑥ってことで、設定⑥以下は勝ちようがない(苦笑)
    そして、設定③から機械割100%を切ることから、勝ちやすいスペックではない!!
    尚、ホールからしても半端に利幅を削る「中間設定」の選択はしずらく、基本的に設定①据え置き営業が主流で間違いない。
    どこもバラ程度の付合い導入が多いことから、ホールからすると粗利以外の用途と目的はない。

    ■難易度
    設定には期待できないと思うが、多少の技術介入の搭載と設定判別要素は豊富な部類。
    【SBB、BB中の技術介入】
    ①逆押しで右・中リール適当押し
    ②左リール上段に赤7をビタ押し
    ※ボーナス終了までに、3度成功させる事で最高枚数を獲得できる。

    【設定判別要素】
    こちら、判別要素は比較的豊富であり、そこまで難易度も高くはない!!
    一例を挙げるとすれば、「REG中のBAR揃い確率」に大きな設定差が存在する。
    ※BAR揃い確率
    設定①:1/1,024
    設定③:1/128
    設定⑥:1/40
    設定GO:1/64

    その他、BB終了時のランク振分・出現率等にも大きな設定差が存在するので、比較的判別は容易ではないか!?
    上記のことから、判別に関しては多少の評価ができる。

    最後に、問題の設定状況だが…
    どこのホールも渋々、購入したところがほとんど!!
    その為、ベタピンで早期償却が一般的な運用となる。
    営業上の付合いが本音だと思われることから、設定を使用するところは限りなく「0」に近いでしょうねw
    個人的に気になるコンテンツだったので、残念です。

    ゲーム性:悪い
    演出:悪い
    デザイン:普通
    攻略性:勝ちづらい
    難易度:やや高い
    • この台のパネルは初代に似てますよね。
      初代マッハGOGOGOは本当に好きな台で、かなり打ち込みましたw

      AT中にカップ3連したあとの、兄貴とのバトル演出が最高に好きでした。

      個人的には4号機ストック機の中で間違いなくBEST5に入る機種です。

      1 返信
  3. 設定GOというものがあり、機械割は6同等なのですが、1番の違いがRT突入率!GOだと約55%、その他設定が約15%らしいので判別はかなりしやすそうです。

    また下パネルはお店で設定出来る仕様です。私ならミッチーパネルですかね!

    前評判:打ってみてもよい
  4. また同じことを繰り返すのか!?

    P鬼○者の抱き合わせで後付しやがって!

    噂は立っていたが、まさか七匠のスロットとは思わなかったヨ!

    バルタン星人の悪い思い出しかないが、仕方なく導入ですので機械台回収に走ります。

    お客様へ、申し訳ございません。

    こんな店舗も少なくは無いと思います。

    前評判:まったく打ちたくない
  5. 個人的には打ってみたいスペックではあります。

    スペックは良いと思いますが、コンテンツ的にかなり打ち手を選ぶと思います。
    4号機のこの機種を打ったことがあり、且つコンテンツが好きであれば一度は触ると思いますが、長生きはしないと思います。

    店側的に見てもバラエティに1台置けば良いであろう位の台ですね。
    3台以上構えるのであれば設定を使っているとアピール出来る機種ではありますが、サザンアイズの時のように多台数で構えるのは難しいと考えるので評価は低めです。

    前評判:打ってみてもよい
  6. 液晶でテトラリールっぽく見せてる機械です。
    試打ちの時点ではスペックも含めて全然面白さは伝わって来ませんでしたね。
    過去のアリストの機械の演出を使えない理由でもあったのでしょうか?
    ほぼテトラリールと色が少し変わるだけで動かない上部パネル以外に演出はありません。

    前評判:まったく打ちたくない