アナザーハナビ弥生ちゃん

アナザーハナビ弥生ちゃん
前評判44点
導入日2019年2月
メーカーユニバーサル
仕様AT
基本情報
AT純増 約4.5枚/G
メダル50枚あたりの回転数 約50G
天井 調査中

特色

ユニバーサル初の6号機として、お馴染みHANABIシリーズの最新作が2019年に発売予定。

ドンちゃんが所属する「七屋」、そのライバルである「悪屋」の見習い花火師の弥生ちゃんが主人公!

1セット100枚のATをセット数管理型で継続させて、2400枚のリミットを目指すゲーム性。
ノンストップATをキーワードとして、最速コイン39分でリミット到達となる増加速度がウリの一つ。

4段階設定ではあるが、設定1が一番差枚の出る仕様との事。

詳細は不明だが天井も搭載。

感想

設定1は当たり辛い一方で、一撃性能が優遇されたタイプのようです。

現時点で公表されているボーナス確率と機械割から想像すると、
初当り確率差が「設定2と設定5」で1.2倍の開きながら、「設定1と設定2」だと1.8倍もの差があります。

このことからも、一般的な低設定or高設定としては設定2or設定5、
エクストラの設定6、設定1は基本的には回収仕様だけど一撃性が優遇された仕様という位置付けになるのではないでしょうか。

大当り確率・機械割
設定 AT CZ確率 出玉率
1 1/369.0 1/119.0 97.7%
2 1/196.0 1/ 84.0 98.8%
5 1/153.0 1/ 75.0 103.0%
6 1/112.0 1/ 67.0 108.2%
ゲームシステム

ゲームフロー

通常時はチェリー/スイカといったレア役がチャンス!
10G+αのチャンスゾーン「玉貼りチャンス」中に弥生図柄揃いでAT確定!?

AT「YAYOI TIME」

1セット約100枚入。純増4.5枚/Gのマップ管理型AT。

毎G継続ストック抽選を行い、花火玉ランプに「祝」が点灯で次セット継続確定!?
継続時にはインターバルを経由せずに即発動!

AT中の狙えナビ発生で弥生図柄が揃うと継続確定。
レア小役以外でも、ハズレの3連続以上でチャンス!

AT終了後にストックがない場合でも、CZ突入確定なのでチャンス!

AT中はYAYOI TIMEの背景ランプ色で継続期待度を示唆!





マップ管理型となる継続システムでは、4・8・12・16セット目といった4の倍数セットは継続確定!?
BGMが変化して継続を祝福!
各セット毎に継続率が異なり、20セット目でエンディング発生!
マップが進むほど継続率も優遇される仕様。

継続率は「16%、25%、50%、62.5%、77%、85%、100%」の7種類。

CZ「玉貼りチャンス」

設定 CZ確率
1 1/119.0
2 1/ 84.0
5 1/ 75.0
6 1/ 67.0

CZ「玉貼りチャンス」は保証10G+α継続のチャンスゾーン。
毎G抽選で高確率で弥生図柄揃いを抽選。

狙えランプ点灯で弥生図柄揃いのチャンス。
レア小役の次Gは要注目!

玉貼りランプ点灯中は継続、点滅で終了のピンチ。
ランプの色に秘密が・・・!?
玉貼りランプ色の期待度


ツンデレモード

天国?それとも地獄!?
荒波のマップを選びやすいツンデレモードを搭載!

打ち方

リール配列

アナザーハナビ弥生ちゃん リール配列

通常時の打ち方 ※暫定版

左リールBAR図柄を目安にチェリー狙い

左リールにスイカが滑ってきたら、中リールフリー打ち(中リールでスイカは取りこぼさない)、右リール7orBARを目安にスイカ狙い。
斜めスイカで強スイカ。

AT中の打ち方

調査中

攻略情報

天井狙い目ゲーム数

調査中

狙い目となるゾーン

調査中

やめどき

調査中

朝一のリセット恩恵

調査中

設定判別要素
調査中
演出情報
液晶非搭載ながらも、予告音、リール消灯、遅れ演出を搭載。

セグ演出で「8・4・1(弥生)なら?」

激アツとなるフリーズ演出も搭載!
フリーズの恩恵はストック9個+最強マップが確定して、平均獲得枚数は1900枚。

PV動画
PV動画
実践動画

調査中

この機種を打ってみたいですか?





メールアドレスを入力しポイントを貯めるとamazonギフト券がもらえます
ポイントの詳細についてはこちら

この機種を打ってみたいですか?

新着コメント (全4件)

  1. 液晶なしAT機でATはシナリオ管理という事だが、結論「液晶アリ」が良かったかと。

    もちろん金額的な部分はあるが液晶なしで前兆があるという部分だけでも違和感を感じてしまった。またせっかくのシナリオ管理も示唆がしにくい分、ユーザーには感じ取ってもらえないのだろうと思う。

    結局沖ドキ6号機への試作機のように感じたので、制作意欲を感じられないこの台は打つべきではないのかなと思います。

    前評判:あまり打ちたくない
  2. ユニバーサルブロス初の6号機として登場した『アナザーハナビ弥生ちゃん』
    1セットあたり約100枚獲得のYAYOI TIMEによって出玉を増やすAT機。
    AT中の純増枚数は1Gあたり約4.5枚。
    個人的には、仕事帰りに打つには純増早いのは嬉しいのでたまに6号機は打ちますが、やはり当たるまでが長いですよね。
    HANABIシリーズということで打つとは思います。

    前評判:打ってみたい
  3. ユニバとしては、今後、沖ドキ2が登場するにあたってのプロトタイプという位置づけのようです。

    アイデアとしては面白いですが、それだけに終わってしまうパターンになりそうですね。

    どうしても、ゆるせぽねとダブってしまうのは自分だけ?

    前評判:あまり打ちたくない
  4. 出玉性能は計算上、猛獣王より高いですが、そもそもの基準が低いので出玉性能が優秀な訳ではありません。
    今までのハナビ系の技術介入による勝ちやすさのような要素が無く、打ち込み要素が何処にあるのか?次第だと思いますが、それは実際に導入されて解析が進んで行かないと判らない部分です。
    ユニバーサルの初6号機という事で、ユニバ特有の作り込みはまだ浅いのではないか?と予想。
    ただし、設定①の方が⑥より出玉性能が高い等、低設定でも打とうと思わせるスペック設計は流石だと思います。
    まぁバラで様子見ですね。

    1 返信
    前評判:打ってみてもよい