魔法少女まどか☆マギカ2

魔法少女まどか☆マギカ2
現役稼働機種ランク 103位
歴代機種ランク103位
機種評価75点
勝ちやすさ66点
難易度中級者向け
導入日2016年9月20日
メーカーメーシー
仕様ART
基本情報
ART純増 1.5枚
メダル50枚あたりの回転数 31G
ゲーム数天井 999G
天井恩恵 ART当選
BIG獲得枚数 150枚
大当り確率・機械割
設定 ボーナス ART 出玉率
1 1/298 1/424 98.5%
2 1/402 99.6%
3 1/290 1/376 101.1%
4 1/280 1/334 104.4%
5 1/265 1/300 107.4%
6 1/250 1/267 110.0%

口コミを書いてお小遣いをゲットする!!

この機種を評価する

設定状況を投稿する

画像を投稿する

コメントを書く

ゲーム性出玉システムや遊技全般におけるゲーム性



演出演出バランスや液晶・役物・サウンドのクオリティ



デザイン筐体やパネルデザイン



攻略性スペックの勝ちやすさ・天井やリセット恩恵など



難易度技術介入度や設定判別難易度



※メールアドレスが公開されることはありません

他機種と比較した時の設定状況



地域  ※任意

※メールアドレスが公開されることはありません

高設定確定演出・プレミアム演出・ラブ液晶などを募集中!

写真をアップロード

※メールアドレスが公開されることはありません

※メールアドレスが公開されることはありません

新着コメント (全8件)

全ての投稿 機種評価 設定状況
  1. 高設定は入りやすい台です。
    ただし、入れないホールはとことん入れない。

    傾向を見ていると、
    ・初代まどか☆マギカ
    ・まどか☆マギカ2
    の設定の入れ方に関係性があるホールも見受けられます。

    例えば、初代とまど2両方が設置されているホールがあったとすると

    ①どちらにも入れる
    ②初代には入れないけどまど2に入れる
    ③まど2に入れるけど初代にいれない
    ④どちらにも入れない

    以上のようなパターンが考えられますが、私が今まで見ていた系列店においては以下のような感じでしょうか

    ①40%
    ②20%
    ③30%
    ④10%

    率直に、両方入れるケースが多いです。
    もちろん、同じ日に入れるケースもあればそうでない場合もあります。

    ただ、傾向としては初代とまど2にバランス良く入れている例が多いです。

    次に多いのが「まど2」しか入れないであり、その次が「初代」しか入れないです。

    初代とまど2を両方設置してあるホールで、両方に設定をまったく入れないという例も少ないですが存在します。

    ちなみに、そのホールではジャグラーと絆に入れているので、絆とまどマギ両方には入れないという傾向があるということでこういうホールは結構多いです。

    設定状況:良い
    地域:神奈川県
  2. 個人的には初代よりもこちらの方が好きですね。ただ設定判別の難易度はどっちもどっちという印象。

    特定ボーナス、CZ当選率、ART直撃確率に加え、初代ほどではないにせよ弱チェ確率など判別要素が増えた(わかりやすいのはボーナス後セリフ)割には時間がかかる印象なのはどれも決め手に欠けるからでしょうか。

    特定ボーナス→もちろん高設定になるほど引きやすい。しかしボーナス確率自体が重い

    CZ→前作のスイカのみに対して、強チェ、スイカ、弱チェほむら、ちょっと違うがチャンス目からの超高確移行に伴うベルでのCZ当選など、それぞれ独立してカウントできるものの、高設定でもすべての要素で良い数値を示すことがほぼないので難しい。唯一弱チェほむらは出れば356のどれかかなぁと思えますが

    ART直撃→割とサンプルが取れるものの、前作よりも重要度は下がり、高設定優遇だけど偶数優遇とも言える

    弱チェ確率→個人的にはサブ的要素。34が混じってくるともうわからない

    といった印象なのでこれを打つときは半日は覚悟して打ちます。

    ボーナスが一律150枚取れる代わりに、ボーナス合算は1で約1/300と、新基準のA+ARTの中でも重めなのでなかなか荒れがち(実践上、ユニメモでは7万G以上打ってまだ1以下ですw)で、なおかつ出すためにはマギカクエストかワルプルで大きく乗せる必要があるのでとにかく安定感はほとんどないという印象です。

    しかしそれでも打ってしまうのは設定の入りやすさと演出、システムですね。

    通常時は前作よりもCZ前兆が大幅に伸びた代わりに前兆の強弱を楽しみつつ、本前兆中ならばキュウベエチャレンジへの書き換えを楽しむこともできます。

    目押しは順押しが出目も綺麗なので好きですが、中リールのスイカをこぼしがちなのでそういう意味では中押しの方がチャンス目の1枚役を取れるので良いのかもしれません。しかし個人的には中押し時の出目が好きではない…。

    A+ARTとしては出目、ボナ察知ともに良い部類かと思います。

    ART中はややナビなしリプレイの頻度が多いのがマイナスポイント。ナビなし=レア役くらいわかりやすいのが好みなのでリプレイの頻度が高いのはあまり好きではないですね。ナビなしベルこぼしでボナ確なのは良いの(無駄なハズレがない)ですが。

    ただそれ以外の演出には文句なし。マギクエも5G10Gが頻発するときついですが、キュウべエマス、まどかマスからの3桁乗せ、キャラマスが連続した時の叩きどころ、32G消化で訪れるVSマス、そこからつながる裏マギクエ(一度も入れたことありませんが…)、やっぱりよく出来ています。

    ワルプルも専用の前兆演出が来るので、来ただけでドキッとしますね。

    演出面で言えばCZ中やワルプル中などにボーナスが確定するシネスコ演出やレバオン時に来る変身演出など、まどマギの版権にマッチした秀逸な演出が打ち続けてしまう理由でしょうか。

    数少ない新基準の中での当たり機種として、これからも末永くホールで活躍し続けてほしい機種です。

    ゲーム性:良い
    演出:非常に良い
    デザイン:良い
    攻略性:どちらとも言えない
    難易度:普通
  3. 初代の時はそれほど感じなかったけど
    この台って穢れ狙いが有効なんじゃないかなー

    それほど積極的に穢れ狙いをしているわけでなく
    保険みたいなもので考えているだけだけど
    思った以上にMAXになっていることがある

    初代ほど客レベルが高くないと私は感じているので
    店を選んでいけば結構良い台なんじゃないかと最近は思っています

    ゲーム性:良い
    演出:普通
    デザイン:普通
    攻略性:やや勝ちやすい
    難易度:普通
  4. 設定は大まかに12、34、56でボーナス確率が分散されるので、中間を使うとかなりユーザーがブン回してくれる印象。

    低設定でも甘い印象があるが上が辛いので全台系にしてもそこまでダメージは無く、判別要素の多いこの台はユーザーにもお店にとっても良い台だと思う。

    設定状況:良い
    地域:東京都
  5. 平日は1or3です
    イベント時は1or3or4という感じです。
    56は使うことがほぼ無い機種です

    設定状況:悪い
    地域:神奈川県
  6. ART機種の中で設定状況はかなり良い部類です。

    出率と高設定を使用した際の費用対効果、設定3・4の優秀さ、低設定は抜きずらいですが、この機種に関してはアウトを伸ばすのを最優先に考えるホールもあります。全台系でもよく使用されてますよね(ちょろまかしやすい・・・)

    ユニバの6号機を見据えた上で、やはりまどマギユーザーの囲い込みは最重要です。

    設定シミュレーションや、コンサルも設定3・4を非常に推してますので、これ5かな?と思った時はほぼ3と考えたほうが良いです。

    あくまで平均設定という観点では、設定状況は良い機種に間違いなく入ります。

    設定状況:良い
  7. 増台や再導入がここ最近目立っているので設定にも期待できる。

    設定状況:良い
  8. 設定推測要素が豊富。出玉性能のほぼ全てがART中のクエスト次第なので高設定でも安定しない事が多い。設定4or6の見極めがやや困難だがそういう場合はほぼ4ってオチ。

    1 返信
    ゲーム性:良い
    演出:良い
    デザイン:普通
    攻略性:やや勝ちやすい
    難易度:やや低い